青森・八戸「ブイヤベースフェスタ」開幕 ! (2月1日~3月31日)

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森・深浦町「日本一の大イチョウ・ライトアップ」X「ビッグイエロー2018」
  3. 青森市で初雪観測 気象台統計開始から最も遅く
  4. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  5. 2017 第23回「弘前市場まつり」開催!⦅11月26日⦆
  6. 2017年訪日(東北6県)外国人最多「青森伸び率全国1位」=《航空路線の拡充奏功》
  7. 青森出身:奈良岡希実子 早くも「かわいすぎる!」と人気急上昇中!“お天気お姉さん”!
  8. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  9. AOMORI・夏泊半島「椿山」「ヤブツバキ」の見頃(2018年4月下旬~6月上旬)
  10. 青森県の「リンゴ下敷き」知っていますか。リンゴの種類!

八戸ブイヤベースは、八戸の冬の豊かな魚介類を知ってもらい、新しい魚食文化の創造や冬季観光に生かそうと始まった。

八戸港で水揚げされる魚介類を使った自慢のブイヤベースを提供する。

 八戸ブイヤベースフェスタ オープニング パーティー【1月29日(土)】


スポンサードリンク

「八戸ブイヤベースフェスタ」開催日:2月1日~3月31日

八戸市で24日、シェフらによる記者説明会があった。久慈市から初めて参加する「Bistrotくんのこ」の白鳥恒夫シェフ(65)は「クリーム系の白いブイヤベースを出す。素材を生かし食べやすい味にしたい」と語った。

 

6回目となる今年は三沢市と岩手県久慈市の店が加わり、過去最多の17店が参加する。17店舗がそれぞれ自慢の冬の味を提供する。

八戸ブイヤベースフェスタに向けて盛り上がるシェフたち=24日、八戸市

「八戸ハマリレーションプロジェクト」(HHRP)

水産業有志でつくる団体「八戸ハマリレーションプロジェクト」(HHRP)が主催し、今年で6回目。三沢市と久慈市の店が1店舗ずつ加わった今回は、昨年の提供食数の9500食を上回る1万食超を見込んでいる。

いずれの店もイカやホタテ、サメなど4種類以上を使い、残ったスープで締めの一皿を提供する。 前菜などが付くコースで提供する店が多くランチやディナーの価格は972~4320円。料理は団体ホームページや八戸で配布中のチラシで確認できる。

本来は南仏の漁師料理だが、「八戸の魚介類を4種類以上使う」「スープを生かしたオリジナルの“締めの一皿”を用意する」などのルールで、昆布などで和風の味わいを加えたり、イタリアンやエスニック風に仕上げたりと各店が工夫を凝らす。

新規参加のカジュアルフレンチ「ノース40―40」(三沢市桜町)の平林和料理長は「魚介類が大好きで、以前からフェスタに参加したいと思っていた。お店で自慢の味を堪能してほしい」と話した。

出典記事:河北新報

 参加店の情報は、ホームページへ。

 AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 72 times, 1 visits today)