第6回 走れメロスマラソン大会「加代子スマイルで魅了」

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森・深浦町「日本一の大イチョウ・ライトアップ」X「ビッグイエロー2018」
  3. 青森市で初雪観測 気象台統計開始から最も遅く
  4. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  5. 2017 第23回「弘前市場まつり」開催!⦅11月26日⦆
  6. 2017年訪日(東北6県)外国人最多「青森伸び率全国1位」=《航空路線の拡充奏功》
  7. 青森出身:奈良岡希実子 早くも「かわいすぎる!」と人気急上昇中!“お天気お姉さん”!
  8. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  9. 青森県 2019版「県民手帳」3年ぶりV奪還に大きな期待!
  10. 青森県の「リンゴ下敷き」知っていますか。リンゴの種類!

加代子スマイルで魅了/第6回走れメロスマラソン

五所川原市で28日に開かれた第6回「走れメロスマラソン」は過去最多のエントリー数を記録するなど、例年以上の盛り上がりを見せた。

今大会にはリオデジャネイロ五輪女子マラソン代表の福士加代子選手(35)=板柳町出身、ワコール=がゲストランナーとして参加。福士選手は沿道の観衆から送られる声援を背に、参加者と交流を深めながら津軽路を駆け抜けた。


【写真説明】友人や子どもたちとマラソンを楽しむ福士選手(中央)。沿道の観衆からはひときわ大きな声援が上がった。


スポンサードリンク

福士選手がゲストランナーを務めるのは2009年以来、2回目となる。結婚や東京五輪への動向など多方面で注目が集まる中、フリーとハーフマラソン、3キロの3種目に出場。「一緒に走ろう!」「頑張った!」などと周囲を励ましつつ、子どもたちや友人と爽やかにマラソンを楽しんだ。
出典:陸奥新報

写真:東奥日報

五所川原の代表、日本の代表として長距離ランナーの世界で活躍中の福士加代子選手が今回のメロスマラソンにゲストとして参加されました。福士さんの元気はとびぬけて明るい、いつでも勇気と頑張りをみせてくれる、そんな彼女を沿道からのファンから惜しみない拍手がおくられていました。まずは、メロスマラソンに参加された皆様お疲れさまです。沿道のみなさんも一緒に応援お疲れさまでした。五所川原も「1017年」元気で明るく楽しくいきましょう。

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 82 times, 1 visits today)