「青函トンネル開業30周年記念」JR東、東北・北海道新幹線が半額商品を発売!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. ふるさと納税として青森市に「5億円を寄付」!!!=「市政に賛同した」と京都市経営者!
  2. 2018 黒石市 旧正名物「マッコ市」開催!⦅2月4日⦆
  3. 青森市へ20億円寄付 !=「短命市返上に」と匿名の市民から!
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017時刻表
  5. 高田千尋「ばーん」がファーストDVD[BURN]の発売記念イベント開催!(4月2日)
  6. 青森県内初、JUIDA認定ドローンスクール開校!
  7. 青森の不名誉「短命県:男女共」まだ返上でぎね!
  8. 2017 青森港に「大型クルーズ船」の寄港が相次いでいる!
  9. AOMORI・花粉ピーク情報=「日本気象協会第3報」/青森県は?
  10. 第32回 弘前城ミス桜コンテスト2016 応募者大募集!!

利用期間は2018年2月17日から2018年3月16日

時間の過ぎるのはいやいもので、今のデジタル社会では加速度的に猛烈な勢いで技術革命が進んでいることを直接、生活のなかで感じ取ることができる。そのスピードの速さは新幹線並みの勢いをもっているようだ。今回の開業30周年記念の割引(えきねっと会員限定商品)をレジャーに有効に利用されてみてはいかがでしょうか。

関連画像


スポンサードリンク

JR東日本とJR北海道は、2018年3月13日に青函トンネル開業30周年を迎える

開業30周年にあわせ、青函トンネルの利用を通して、東北・北海道相互の人の移動や物流をより活性化させることを目的に、えきねっと会員限定商品として、東北・北海道新幹線の仙台~新函館北斗間が50%割引となる「お先にトクだ値スペシャル」(乗車券つき)を発売する。

「えきねっと」からのインターネット申込限定商品

利用期間は2018年2月17日から2018年3月16日まで。発売期間は乗車日の1カ月前の午前10時から20日前の午前1時40分までとなり、発売期間最終日がシステムメンテナンス日に該当した場合は、乗車日21日前の午後11時40分までとなる。

また、「えきねっと」の「事前受付」を利用すると、発売開始日のさらに1週間前の午前5時30分から、乗車日1カ月前の午前9時54分まで申込みをすることも可能だ。

設定区間は、仙台(市内) と新函館北斗間となっている

この間にある森岡や新青森などの駅の利用も可能で、普通車指定席を利用した運賃と料金がいずれも50%割引となる。

列車・席数は限定となっており、こども価格の設定もある

函館まで(もしくは函館から)利用した場合、新函館北斗~函館の運賃(360円)が、青森まで(もしくは青森から)利用した場合は、新青森~青森の運賃(190円)が別途必要になる。いずれの区間の乗車券もパソコンサイトから申し込んだ場合は、予約時に「えきねっと」で申し込むと同時に受け取りができる。

出典:財経新聞

関連画像

スポンサードリンク
(Visited 12 times, 1 visits today)