青森県立美術館:絵画の絆「フランスと日本」展 開催!(2018年5月18日~7月8日)

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 「いきなり!ステーキ」青森県に初出店「五所川原市のエルムの街」に7月20日オープン!
  3. 「青森安潟みなとまつり」 7月17日から開催
  4. 東北町湖水まつり「花火大会2018」開催!@7月21日
  5. 十和田湖「花火大会2018」=【第53回十和田湖 湖水まつり】開催!@7月14日~15日
  6. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017時刻表
  7. 第64回「青森花火大会2018」=「有料観覧席 836席」増設を発表!
  8. AOMORI「野辺地花火大会2018」開催!@7月15日
  9. 下北半島:「恐山大祭2018」開催!!@7月20日~24日
  10. ラーメン王国・青森で煮干し三昧!4店舗それぞれに特徴!

東奥日報創刊130周年・青森放送創立65周年記念

モネ、ドガ、ピカソから大観まで─ひろしま美術館コレクション

東奥日報社は、青森放送、青森県立美術館で構成する絵画の絆フランスと日本展実行委員会とともに、5月18日から7月8日まで青森市の県立美術館で「絵画の絆『フランスと日本』展―モネ・ドガ・ピカソから大観まで―ひろしま美術館コレクション」を開催します。
東奥日報創刊130周年、青森放送創立65周年を記念し、共同通信社の協力でお届けするものです。

エドガー・ドガ《浴槽の女》1891年頃 パステル,カルトン

エドガー・ドガ《浴槽の女》1891年頃 パステル,カルトン

クロード・モネ《セーヌ河の朝》1897年 油彩、カンヴァス

クロード・モネ《セーヌ河の朝》1897年 油彩、カンヴァス

スポンサードリンク

アメデオ・モディリアーニ《男の肖像》1919年 油彩、カンヴァス

アメデオ・モディリアーニ《男の肖像》1919年 油彩、カンヴァス

 ひろしま美術館(広島市)は、平和への願いを込めて、1978年(昭和53年)に開館、日本屈指のコレクションは国内外で高く評価されています。同展は、印象派を中心としたフランスの近代絵画や日本の近代洋画、日本画といった世界の至宝を一堂に展示する機会となります。モネ、ドガ、ルノワールなどの印象派やエコール・ド・パリ(パリ派)の作品群、フランス近代絵画の影響下で花開いた黒田清輝以降の日本近代洋画、横山大観、上村松園らの日本画など、日仏を代表する巨匠55人の名画、全72点の魅力を余すところなく紹介します。

◇会期 5月18日(金)~7月8日(日)
※6月11日(月)は休館
◇開館時間 午前9時30分~午後5時(5月31日まで)
午前9時~午後6時(6月1日から)
※入館は閉館の30分前まで
◇会場 青森県立美術館(青森市安田字近野185)
◇観覧料 一般 1500円(1300円)、高校・大学生千円(800円)、小中学生は無料。
※カッコ内は前売りおよび20人以上の団体料金。障がいのある方と付添者1人は無料
◇前売り券販売所 県内各プレイガイド、ローソンチケット、セブンチケット、ポみっと!チケットで好評発売中
◇お問い合わせ 絵画の絆フランスと日本展実行委員会事務局(県立美術館内、電話017・783・3000)
◇主催 絵画の絆フランスと日本展実行委員会(東奥日報社、青森放送、青森県立美術館)
◇共催 一般財団法人東奥日報文化財団
◇特別協力 公益財団法人ひろしま美術館
◇協力 共同通信社、青い森鉄道、JR東日本青森商業開発、弘南バス
◇特別協賛 青森銀行、みちのく銀行、青い森信用金庫、三八五流通グループ、東北電力
スポンサードリンク
(Visited 44 times, 1 visits today)