むつ市「大畑八幡宮例祭」の渡御行列、300年の節目@2018年8月12日

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森・深浦町「日本一の大イチョウ・ライトアップ」X「ビッグイエロー2018」
  3. 青森市で初雪観測 気象台統計開始から最も遅く
  4. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  5. 2017年訪日(東北6県)外国人最多「青森伸び率全国1位」=《航空路線の拡充奏功》
  6. 青森出身:奈良岡希実子 早くも「かわいすぎる!」と人気急上昇中!“お天気お姉さん”!
  7. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  8. 2017 第23回「弘前市場まつり」開催!⦅11月26日⦆
  9. 青森県 2019版「県民手帳」3年ぶりV奪還に大きな期待!
  10. 「2018青森港クルーズ豪華客船」寄港スケジュールまとめ!寄港数UP!

青森県むつ市大畑町の「大畑八幡宮例祭」で毎年行われている渡御(とぎょ)行列が始まって今年で300年となる。

同八幡宮の総代会、地区の町内会などでつくる実行委員会は12日、9月の例祭を前に、同八幡宮で渡御300年を記念する奉祝祭を開き、歴史をつないできた先人たちへ感謝するとともに、これからの地域の発展を願った。

大畑八幡宮の境内に入る渡御行列=12日午後6時10分ごろ

大畑八幡宮の境内に入る渡御行列=12日午後6時10分ごろ

スポンサードリンク

実行委によると、渡御行列は1718(享保3)年に始まったとされる。毎年9月14~16日の例祭で、八幡宮の総代、神楽会のメンバーらが神輿(みこし)や宮司を守りながら、社務所から本殿まで送り届ける。

奉祝祭の渡御行列には約200人が参加した。行列は午後6時ごろに社務所を出発。たいまつを掲げながら、本殿に向かってゆっくりと10分ほど練り歩いた。本殿の祭事では、大畑地区の神楽の師匠に当たる「師職」の目名神楽会(東通村)が、神楽を奉納して場を清め、参列した総代や町内会長らが玉串をささげ、鏡開きを行った。

実行委の福岡貞吉会長(同八幡宮総代長)は「人々が豊漁や豊作の願いを込めてきた八幡宮の祭りがあったからこそ、大畑という地域が今まで続いてきた。先人たちと同じように、若者たちが祭りを、地域をつないでいってほしい」と話した。

出典:Web東奥

スポンサードリンク
(Visited 106 times, 1 visits today)