2018年も「無事・大間本マグロ解体」in「大間ブルーマリンフェス」@8月14日

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森・深浦町「日本一の大イチョウ・ライトアップ」X「ビッグイエロー2018」
  3. 青森市で初雪観測 気象台統計開始から最も遅く
  4. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  5. 2017 第23回「弘前市場まつり」開催!⦅11月26日⦆
  6. 2017年訪日(東北6県)外国人最多「青森伸び率全国1位」=《航空路線の拡充奏功》
  7. 青森出身:奈良岡希実子 早くも「かわいすぎる!」と人気急上昇中!“お天気お姉さん”!
  8. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  9. AOMORI・夏泊半島「椿山」「ヤブツバキ」の見頃(2018年4月下旬~6月上旬)
  10. 青森県 2019版「県民手帳」3年ぶりV奪還に大きな期待!

青森県大間町の夏の名物イベント「ブルーマリンフェスティバル」(町主催)が8月14日、大間港で開かれた。

今年7月から資源保護を目的とした大型クロマグロの漁獲規制が始まり、大間漁協では一部の漁業者が出漁を見合わせているが、イベントでは110キロのマグロを用意し、解体した。

目玉のマグロ解体ショーは今年も無事に開催され、観光客らが迫力あるショーに見入っていた。

フォトギャラリー

今年も無事マグロ解体大間ブルーマリンフェス

110キロのマグロが登場、盛り上がった解体ショー=14日、大間町の大間港

大勢の観光客らが見守る中、職人が見事な包丁さばきでマグロを5枚おろしにしていった。その後、マグロは赤身、中トロ、大トロの刺し身に切り分けられ、千人に振る舞われた。

観光客らが見入ったマグロ解体ショー=14日、大間町の大間港


スポンサードリンク

大分県別府市から夫婦で訪れた自営業佐藤茂敏さん(64)、鈴枝さん(64)はマグロを試食し「テレビで(マグロ漁師の特集番組を)見て、大間に来てみたいと思っていた」「初めて食べたが、長生きできそう。来たかいがあった」と笑顔で話した。

 会場には名産品などの販売ブースが並んだほか、手こぎの磯舟で速さを競う「舟競争大会」など多彩な催しが行われた。

出典:Web東奥

スポンサードリンク
(Visited 39 times, 1 visits today)