新<プレミアム商品券>青森県は子育て世帯応援

本日のアクセスランキング TOP10

  1. ふるさと納税として青森市に「5億円を寄付」!!!=「市政に賛同した」と京都市経営者!
  2. 2018 黒石市 旧正名物「マッコ市」開催!⦅2月4日⦆
  3. 青森市へ20億円寄付 !=「短命市返上に」と匿名の市民から!
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017時刻表
  5. 高田千尋「ばーん」がファーストDVD[BURN]の発売記念イベント開催!(4月2日)
  6. 青森県内初、JUIDA認定ドローンスクール開校!
  7. 青森の不名誉「短命県:男女共」まだ返上でぎね!
  8. 2017 青森港に「大型クルーズ船」の寄港が相次いでいる!
  9. AOMORI・花粉ピーク情報=「日本気象協会第3報」/青森県は?
  10. 第32回 弘前城ミス桜コンテスト2016 応募者大募集!!

青森県は、秋をめどに子育て世帯に限定した「プレミアム付き商品券」を発売する。先取り情報!

期待していますよAOMORI!

 1セット1万円で、子ども1人の世帯に1000円券11枚入り、2人の世帯に12枚入り、3人以上または子育てしながら働く女性の世帯に13枚入りを販売する。

1世帯3セットまで購入可能で、計4万4000セットを売り出す予定。


スポンサードリンク

 青森県は人口減少対策の一環として、秋をめどに子育て世帯に限定した「プレミアム付き商品券」を発売する。国の「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用した「子育て支援プレミアム商品券発行事業」で、子育て世帯に対して重点的に支援を行い、出生率の向上や若者世帯の定住促進を目指す。

 県内では既に各自治体がプレミアム商品券を発売している。ただし、使用範囲が購入した自治体内に限られるなど、地域経済の活性化に力点を置いていた。

 県こどもみらい課によると、事業は県が実施主体となり、県内全域で商品券を使えるようにする。子育て世帯の購買を促し、社会全体で子育てを応援する機運を高める。県は事業費として、本年度予算に1億500万円を計上している。
 対象は妊娠中か子どもが新たに誕生した世帯と、子育てしながら働く女性がいる世帯。対象期間は今後詰める。

 自治体の商品券との競合を避けつつ、クリスマスや正月など商品券の利用が高まる時期を想定し、秋ごろの発売を目指す。同課の久保敏隆課長は「利用店舗や対象世帯の条件など細部を現在検討している。県内全体で子育て支援の意識を向上させたい」と話している。

出典:河北新報

スポンサードリンク
(Visited 20 times, 1 visits today)