青森・古代ロマン縄文「人面付き土器初公開」 ! 弘大「五月女萢」展(10月8日~)

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 「ハロウィンフェスタ IN MISAWA 2018」開催!@10月20日
  3. 「2018青森港クルーズ豪華客船」寄港スケジュールまとめ!寄港数UP!
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  5. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  6. 青森県むつ市「大畑八幡宮例大祭」「渡御三百年記念ミナカダ祭」開催!@2018年10月27日
  7. 「十和田湖の紅葉」シーズン=2018/10/中~
  8. 青森・田舎館村「田んぼアート2018」見ごろご案内!
  9. 2017 第23回「弘前市場まつり」開催!⦅11月26日⦆
  10. 青森県近代文学館企画展「太宰治没後70年=秘蔵資料大公開」@2018年10月27日~

青森・古代ロマン縄文「人面付き土器」を復元!弘前大・北日本考古学研究センター初公開!

イメージ 4

弘前大の北日本考古学研究センターは、五所川原市市浦の五月女萢(そとめやち)遺跡で全国でも珍しい「人面付き土器」の復元に成功した。10月8日から同センター展示室(弘前市文京町)で開かれる「大五月女萢展」で初公開する。

%e7%b8%84%e6%96%87%e4%ba%ba


★展示は11月13日までで時間は午前10時~午後4時。期間中は無休。
★このほか、日本考古学協会の大会初日の15日午後1時からは、一般公開の講演会も開催する。

【写真説明】顔左上部発見後、初公開される人面付き土器。目と顔上部を反転させることで全体像が復元可能となった▼
%e4%bb%ae%e9%9d%a2%e5%9c%9f%e5%99%a8
同遺跡は津軽半島西海岸の岩木川河口の十三湖北側にある。「そとめ」とは津軽の方言でアヤメ科植物を指し、かつてはアヤメ群落の低湿地だったという。
「亀ケ岡式土器」の画像検索結果

スポンサードリンク

同センターが2010年から3年かけ、五所川原市教委と共同で約3ヘクタールを発掘し、縄文時代後期〜晩期(約3500年〜約2500年前)を中心とした多数の墓抗や人骨4体分、数千点の土器、石器などを発見。東北から北海道渡島半島にかけて栄えた「亀ケ岡文化」の遺跡と分かった。亀ケ岡は現在のつがる市に位置し、19世紀に見つかった世界的に有名な「遮光器土偶」で知られる。五月女萢遺跡は亀ケ岡の約20キロ北。

木造駅舎▼詳細クリックしてください▼

「亀ケ岡式土器」の画像検索結果

 今回の発掘で特に注目されたのが、貝殻や獣骨などの捨て場から12年に発見された人面付き土器。浅鉢の底に顔が表現され、下半部(幅12センチ、高さ7センチ)だけが出土した。同センターで調査を続けたところ、この8月に顔の左上部が見つかり、全体像の復元に成功した。顔は直径11センチの円形で、両耳を含めた横幅は13センチあった。

 同センター長の関根達人教授は「遮光器のような大きな楕円(だえん)形の目を持ち、鼻や口元の表現が立体的。土器の底面に顔が描かれるのは例がない」と話し、亀ケ岡遺跡から出土し、国の重要文化財に指定されている土製仮面(東京国立博物館所蔵)よりも「造形美で優れている」と評する。

 人面付き土器は自立せず人が手で支える。「祭儀などで参列者が何かを回し飲みし、飲み干す時、ちょうど仮面をかぶった形になる祭器では」と関根教授は見ている。

 大五月女萢展は出土品の土器、石器、イノシシやシカなどの骨格器など計約570点を展示。11月13日まで。午前10時〜午後4時。入場無料。本県で30年ぶりに弘前大で開催される日本考古学協会弘前大会(15〜17日)に会わせ、企画された。

 出典:毎日新聞

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 86 times, 1 visits today)