津軽のトランプ「ゴニンカン」世界選手権大会!420人熱戦 in 五所川原

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  3. 豪華客船「クイーン・エリザベス」青森港に初寄港(2019年5月7日) 観光PRの好機!
  4. 青森・旅行をもっと楽しむ!「津軽」エリアの「人気観光スポット10選」=【2019】
  5. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  6. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  7. 青森・「釣り天国」のGWは マダイ、ワラサ、シーバス、ヘラブナetc「つりファン」注目!
  8. 青森県「漁業取締船はやかぜ」完成!密漁を監視!!
  9. 青森・八甲田“雪の回廊と温泉”ウォーク 2019年3月30日~31日 開催!
  10. あおもり・むつ市=観光遊覧船「夢の平成号」に「イルカウォッチングコース」5月スタート!

とにかく「おもしろい」「ゴニンカン」時間をわすれてしまいます。

津軽地方を中心に行われているトランプゲーム「ゴニンカン」

この「ゴニンカン」の世界選手権大会が15日、青森県五所川原市民体育館で開かれた。青森県内外から集まった参加者約420人が読みと駆け引きを駆使し、世界一の栄冠を目指して熱戦を繰り広げた。

動画:東奥日報社より


スポンサードリンク

五所川原商工会議所の主催で、今年で23年目。開会式では、外国語指導助手のジオバーニ・ペレズさん(24)ら外国人選手6人が津軽弁で「けっぱります」と力強く選手宣誓。鐘が鳴らされ、熱戦の幕が切って落とされた。

参加者は6人一組で車座になり、札の配り役を除いた5人が「関係」「無関係」組に分かれて対戦。相手の手の内を読みながら、勝負どころでどのカードを出すか頭をひねりながら、白熱した戦いを展開した。

個人戦の有段者クラスに出場した鶴田町の吉川昭也さん(72)は「トランプは楽しくやるのが一番。若い人にもっとこの面白さを伝えたいね」と笑顔。選手宣誓し、初心者コーナーでルールを教わりながら楽しんだペレズさんは「さまざまなテクニックが必要なゲーム。すごく面白い」と目を輝かせていた。

本当に面白いトランプ・ゲームですね。やってみるとハマる人、多いと思うよ!

出典:どうしん

関連記事:青森・津軽 5人で行う「ゴニンカントランプ世界選手権大会」開催!

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 138 times, 1 visits today)