「青森県立美術館」で「遥かなるルネサンス展」(7月28日~)

本日のアクセスランキング TOP10

  1. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  2. 日本を代表する夏祭り青森「ねぶた」とコラボ  椎名林檎
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 十和田湖高原ゴルフクラブ2020年6月1日オープン!
  5. 青森・鶴田 津軽富士見湖「全国へら鮒(ぶな)つり大会」(4月30日)
  6. 2017 八戸市・南郷観光農園 さくらんぼ狩り体験だよ🍒!
  7. クマ出没注意:奥入瀬渓流遊歩道の一部立ち入り禁止
  8. 第33回弘前城ミス桜コンテスト=「ミスグランプリ」は弘前大学の八島さんに輝いた!
  9. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  10. 棟方志功デザインの「八甲田山バッジ」人気上昇!

「青森県立美術館」で「遥かなるルネサンス展」7月28日から開催!

会期は7月28日から9月10日まで。

観覧料は一般前売り1300円(当日1500円)

高校大学生前売り800円(当日千円)、小中学生は無料。

問い合わせは、県立美術館内の同展実行委員会(電話017-783-3000)へ。

7月に開幕する「遥かなるルネサンス」展の概要を発表する杉本館長

7月に開幕する「遥かなるルネサンス」展の概要を発表する杉本館長

スポンサードリンク

イタリア・ルネサンス芸術「遥(はる)かなるルネサンス」展

約440年前に天正遣欧少年使節たちがヨーロッパを巡った時期のイタリア・ルネサンス芸術を紹介する「遥(はる)かなるルネサンス」展(東奥日報社など4団体でつくる同展実行委員会主催)が7月28日から、青森市の県立美術館で開かれる。日本初公開となる肖像画を含む絵画や陶器など約70点を展示。同美術館の杉本康雄館長らが26日、県庁で記者会見し、展覧会の概要を発表した。

青森県美術館

伊東マンショら日本人の少年4人は16世紀後半、天正遣欧少年使節としてフィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアなど、イタリアの各都市を訪問した。

今回の企画展は青森県のほか、東京と神戸を巡回する。フィレンツェのウフィツィ美術館をはじめとするイタリアの美術館や博物館などが所蔵する作品を、使節が巡った都市の順番に合わせて展示する。

ブロンズィーノの代表作「ビア・デ・メディチの肖像」

中でも、メディチ家のお抱え画家ブロンズィーノの代表作「ビア・デ・メディチの肖像」は2016年までフィレンツェの外で展示されたことがなく、日本では今回の巡回展が初公開。また、「伊東マンショの肖像」は14年にイタリアで発見され、話題を呼んだ。

杉本館長は「久しぶりに海外の作品を中心とした展覧会。4人の使節の歴史はストーリーとして興味深い。日本初公開の作品もあり、面白い企画展」と語た。

出典:Web東奥

青森県美術館アクセスマップ

絵画も歴史がふるい作品でかつ有名な画家となれば、答えられないのが本音です。しかし今回は実物の絵画や陶器70点あまりを見学することができるので、百聞は一見に如かずかもしれませんが心を落ち着かせて展示絵画を観て何かを感じ取れるのであれば青森美術館へ行く価値はあると思います。「イタリア・ルネサンス芸術」という言葉は聞いたり書店で目に触れたことがありますが正直、語ることなどできません。観て感じ取る、これしか言えませんが少なくとも貴重な芸術作品を御覧なってみてはどうでしょうか。

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 116 times, 1 visits today)