すごいな青森=2018夏休みの「人気旅行先」=青森が「伸び率全国1 位」!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 豪華客船「クイーン・エリザベス」青森港に初寄港(2019年5月7日) 観光PRの好機!
  3. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  4. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  5. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  6. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  7. 青森・旅行をもっと楽しむ!「弘前」エリアの「人気観光スポット10選」=【2019】
  8. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  9. 青森2017「岩木山」 山開きした!
  10. 2020年東京オリンピック「青森・聖火リレー」=「初日津軽、2日目下北・県南」案が了承!

「スカイスキャナージャパン」は夏休み期間中の「人気急上昇の国内旅行先トップ5」を10日までに発表した!

国内外の航空券、ホテル、レンタカー情報などの比較検索サイトを運営するスカイスキャナージャパン(東京)は、今年2018年の夏休み期間の「人気急上昇の旅行先トップ5」を10日までに発表した。

7月15日~8月31日の航空券予約席数(6月30日時点)の伸び率は、国内では青森県が前年同期比60.9%増で全国トップとなった。


スポンサードリンク

調査は同社の比較検索サービスで予約した国内全空港発着便の席数を、前年同期の予約席数と比較した。国内の伸び率ランキングは2位が沖縄県(前年同期比47.2%増)、3位が北海道(同40.9%増)だった。

同社が4月に発表したゴールデンウイーク期間中の予約伸び率でも青森県が国内1位となった。

同社は「旅行先として青森県の人気が高まっている」とし、7~8月は青森ねぶた祭や弘前ねぷたまつりなどさまざまな祭りが開かれるほか、「奥入瀬渓流や白神山地など、夏に涼を感じられる景勝地が多い」と評価。一方、広報担当者は「予約客の旅行目的を特定することは難しい」と説明した。

期間中に青森-東京線などの路線で機材を大型化した日本航空の青森支店は「席を増やした分は予約数も増えている。席数の増加も伸び率アップに影響したのでは」と分析している。出典:WEB東奥

青森の魅力は一言では語れないほどの多くて、目的もいろいろ、未知の文化、まつり、自然(四季)、環境、人(津軽弁)、縄文時代からはじまる神秘的な存在感に包まれているところが人を寄せ付ける大きな魅力なのではないのでしょうか。国内インバウンド、海外からのインバウンドともに青森は注目されています。

観光・イベント

スポンサードリンク
(Visited 90 times, 1 visits today)