2018年も「無事・大間本マグロ解体」in「大間ブルーマリンフェス」@8月14日

本日のアクセスランキング TOP10

  1. あおもり「中三青森店再開発計画」=複合施設は16階建て! 
  2. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  3. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  4. 青森・リンゴ園に「野ネズミハンター」=「フクロウ」誕生!
  5. 青森県「いがめんち」の魅力を探る!「ニッポン珍味紀行より」
  6. 深浦町最大の夏祭り!「津軽風待ち湊 ふかうらヤットセ2018」&「花火大会」開催!@8月14日~15日
  7. 「日本の祭り」全体の将来を考える時がきている!?
  8. 青森・深浦町「日本一の大イチョウ・ライトアップ」X「ビッグイエロー2018」
  9. 国内 2019年夏休み旅行先➡青森県伸び率204% 全国2位!
  10. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!

青森県大間町の夏の名物イベント「ブルーマリンフェスティバル」(町主催)が8月14日、大間港で開かれた。

今年7月から資源保護を目的とした大型クロマグロの漁獲規制が始まり、大間漁協では一部の漁業者が出漁を見合わせているが、イベントでは110キロのマグロを用意し、解体した。

目玉のマグロ解体ショーは今年も無事に開催され、観光客らが迫力あるショーに見入っていた。

フォトギャラリー

今年も無事マグロ解体大間ブルーマリンフェス

110キロのマグロが登場、盛り上がった解体ショー=14日、大間町の大間港

大勢の観光客らが見守る中、職人が見事な包丁さばきでマグロを5枚おろしにしていった。その後、マグロは赤身、中トロ、大トロの刺し身に切り分けられ、千人に振る舞われた。

観光客らが見入ったマグロ解体ショー=14日、大間町の大間港


スポンサードリンク

大分県別府市から夫婦で訪れた自営業佐藤茂敏さん(64)、鈴枝さん(64)はマグロを試食し「テレビで(マグロ漁師の特集番組を)見て、大間に来てみたいと思っていた」「初めて食べたが、長生きできそう。来たかいがあった」と笑顔で話した。

 会場には名産品などの販売ブースが並んだほか、手こぎの磯舟で速さを競う「舟競争大会」など多彩な催しが行われた。

出典:Web東奥

スポンサードリンク
(Visited 122 times, 1 visits today)