第16回弘前・白神アップルマラソン 2018 開催!@10月7日

本日のアクセスランキング TOP10

  1.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 黒石市 旧正名物「マッコ市」開催!@2019年2月3日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  5. 2018 黒石市 旧正名物「マッコ市」開催!⦅2月4日⦆
  6. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  7. 「豪雪“隠れ日本一”」の町=冬の間スキー場閉鎖とは!?
  8. 「東北絆まつり2019」福島で開催!=(6月1日~2日)元気と魅力発信!
  9. 八戸・南郷「南郷雪蛍まつり」開催!@2019年2月9日
  10. 青森・リンゴ園に「野ネズミハンター」=「フクロウ」誕生!

「白神アップルマラソン大会2018」に6623人がエントリー!

実行委員会は6日、青森県弘前市の弘前市民体育館で第2回会合を開き、大会には6623人の参加申し込みがあったと報告した。

参加申込者の内訳は、フルマラソン1978人、ハーフ1454人、10キロ1387人、5キロ633人、3キロ1171人。県外からの参加者は申込者全体の約2割に当たる1235人となった。

海外からもアメリカ、香港、台湾から20人の参加申し込みがあったという。


スポンサードリンク

 

白神アップルマラソン大会2018コース

「第16回弘前・白神アップルマラソン コース」の画像検索結果

・会議冒頭で、猪股豊実行委員長が今大会からハーフマラソンが西目屋村ゴールのワンウェイコースとなったことについて、「交通渋滞の緩和やランナーの安全確保のため」と説明。「関係機関やスタッフ同士の連携を重視し、コースの安全管理に万全を期して取り組みたい」と話した。

・大会は弘前市、西目屋村、市教育委員会、市体育協会、東奥日報社でつくる組織委員会が主催。ゲストランナーには2016年の北海道マラソン優勝などの成績を持つ吉田香織さんがフルに、吉田さんのコーチを務める打越忠夫さんが10キロに出場する。

・フルを5時間以内で完走したランナーのうち2人を抽選で沖縄県の「NAHAマラソン」に招待、フルとハーフに参加した県内在住の上位入賞ランナー3人を選考し、韓国の済州(チェジュ)みかん国際マラソン大会に派遣する。

出典:Web東奥

スポンサードリンク
(Visited 72 times, 1 visits today)