「コウノドリ」のドラマの ”モデル医師” による講演が青森で行われた!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. クリスマス青森「クリスマスマーケット2018 in アスパム」開催!
  2.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  3. 青森・ハタハタ漁に活気 今年は大きめ 鯵ヶ沢町!
  4. はちのへ「長根☆イルミナ」~final~!!@2018年12月22日~24日
  5. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  6. 2017八戸「長根★イルミナイト」クリスマス開催!⦅12月09日~10日⦆
  7. 「2018青森港クルーズ豪華客船」寄港スケジュールまとめ!寄港数UP!
  8. 第61回青森花火大会>青森ねぶた祭協賛
  9. 青森・リンゴ園に「野ネズミハンター」=「フクロウ」誕生!
  10. 【速報!】 2017ミス・ユニバース青森代表は相馬さんに決定!

荻田和秀産婦人科部長による講演会が青森中央学院大学で行われた。

講演会は、同大が開学20周年と本年度の別科助産専攻開設を記念して開いた。(2018年11月10日)

荻田医師は、取材協力したドラマ「コウノドリ」で取り上げたテーマに基づき、先天性風疹症候群や新型出生前診断、望まない妊娠など周産期に関わる社会的な課題を紹介。出産まで病院を受診

周産期に関わる社会的課題などについて語った荻田さん

周産期に関わる社会的課題などについて語った荻田さん

スポンサードリンク

産婦人科を舞台にした人気漫画「コウノドリ」の主人公のモデルとして知られる、りんくう総合医療センター(大阪府)の荻田和秀産婦人科部長による講演会が2018年11月10日、青森市の青森中央学院大学で行われた。

荻田医師は「奇跡のすぐそばにいるということ」と題し、子どもに愛情を注ぐことの大切さなどを語った。

荻田医師は、取材協力したドラマ「コウノドリ」で取り上げたテーマに基づき、先天性風疹症候群や新型出生前診断、望まない妊娠など周産期に関わる社会的な課題を紹介。出産まで病院を受診しない「未受診妊婦」については、経済的な理由だけでなく、孤立や知識不足などがあると説明した。

荻田医師は「日本では社会的リスクのある妊婦が増えているが、生まれた子を受け入れる施設が足りず、特別養子縁組も進んでいない。考えていかなければならない問題」と話した。

父母、人の愛情の大切さ

「1歳半までに愛情を受けずに育った子どもは脳が発達しない」との研究結果を紹介し「父母だけでなく、血がつながらない人でも子どもに愛情を注ぎ続けることが成長のプラスになると語った。

出典:Web東奥

スポンサードリンク
(Visited 19 times, 1 visits today)