青森・横浜町の道の駅=「横浜ブランドなまこフェア」開幕!@12月1日~16日

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  7. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  8. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  9. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  10. 八戸市及びNEXCO東日本八戸管理事務所が進めてきた「八戸西スマートインターチェンジ」が3月23日(土)15時に開通する。

青森の正月の味「横浜ブランドなまこフェア」12月1日開幕!

青森県横浜町の道の駅よこはまのレストラン「鮮菜」とトラベルプラザ「サンシャイン」で開幕した。今年はメニューに「横浜なまこ御膳」を加えて、正月の味を一足早く提供する。12月16日まで。

「横浜なまこ御膳」を試食する野坂町長(左)ら

「横浜なまこ御膳」を試食する野坂町長(左)ら

スポンサードリンク

「横浜なまこ」は特許庁の地域団体商標に登録されている町のブランド

 町と横浜町漁協がフェアを主催した。1日、鮮菜で記念セレモニーが開かれ、野坂充町長らが試食。二木春美組合長は「加工用ナマコは史上最高の高値だが、生食用は消費者のため平年並みに抑えたい」と話していた。

 横浜なまこ御膳はナマコの切り身と三趣盛(おろしポン酢、カルパッチョ、梅肉ソースの味付け)、ナマコそば、ホタテの刺し身、すったナガイモなどが並び税込み2千円(サンシャインの御膳はそばが付かず同1750円)。ほかに「横浜なまこ丼」同1080円(ミニ丼は同540円)、「横浜なまこ茶づけ」同880円などがある。

 一方、横浜なまこの発送申し込みが14日まで行われている。発送は25日から。

申し込みは道の駅よこはま菜の花プラザ(電話0175-78-6687)とサンシャイン(同78-2080)へ。22、23日は菜の花プラザで直接販売も行う。

出典:WEB東奥

スポンサードリンク
(Visited 41 times, 1 visits today)