青森県内では通夜を行わない「1日葬」が増えている。

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  7. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  8. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  9. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  10. 八戸市及びNEXCO東日本八戸管理事務所が進めてきた「八戸西スマートインターチェンジ」が3月23日(土)15時に開通する。

通夜を行わずに葬式だけを行う「1日葬」が近年、青森県内で増えている。

青森市の葬祭業者では約2割が1日葬になっている。「近親者が高齢になってあまり参列者を見込めない」「参列者に負担をかけたくない」として、1日で弔いの儀式を終えるケースが多いという。遺族側の経済的な問題なども背景にあるとされる。寺院関係者からは「儀式の簡略化は望ましくない」と懸念する声がある一方、「単身世帯の増加、高齢化が進む中、1日葬は今後も増えるのではないか」とする声もある。

「家族葬」の画像検索結果
イメージ画像

スポンサードリンク

時代の流れか?少子高齢化や単身世帯の増加などによって「葬儀の小規模化」進んでいる。

青森市の葬祭ホール「平安閣」を運営するリンクモアの船橋素幸社長は「月40件ある葬儀のうち約2割は1日葬。遠くに住む親族らに配慮するケースが目立つ」と語る。「少子高齢化や単身世帯の増加などによって、葬儀の小規模化は進んでいる。今後も増えるのではないか」とみる。

弘前市の葬祭業者も「親戚と疎遠となり通夜に呼ぶ人がいなく、経済的な理由もあって、1日葬を選ぶ人は増えている」と説明した。

八戸市の葬祭業者によると、同市では、青森市や首都圏ほど1日葬は多くないという。「確かに1日葬は増えているが1割程度。1日で済ますのは『亡くなった人に失礼』というお寺もある」と八戸市の葬祭業者。他の業者は「病院治療費がかかったので、1日葬で安くしたいという人もいる。ただ、お寺が好まない場合がある」と話した。

寺院側の考え方もさまざまだ。八戸の住職は「故人や遺族のためにも、通夜と葬儀は行うべき」と述べる。一方、同市の他の住職は、弔われない人が増えている現状を説明し、「遺体を火葬場に直接送る『直葬』よりは、1日でもやった方がいい」と理解を示す。弘前市の住職は「1日葬は、本来の姿ではないし、お布施にも影響が出るので正直歓迎しない。ただ、時代の流れなので仕方ないという気持ちもある」と明かした。

第一生命経済研究所の主席研究員・小谷みどりさんは、首都圏での葬儀の半数は家族葬で、そのうちの半数は1日葬になっている現状を説明。「近親者がゆっくりと時間を過ごす告別の場として葬儀を行う流れが強くなる中、2日にわたって儀式を行う必要性は少なくなっている。今後、家族ホールのような小規模施設が増えるだろう」と語った。一方、首都圏では3割の人の葬式が行われず、弔われない人が増える傾向があることを指摘し「生きているうちに、周囲とのつながりを築いておくことが大切」とも語った。

ただ、生前にお葬式は小規模で家族葬儀をのぞむ人も多くなっていることもまた事実としてあります。

出典:Web東奥

スポンサードリンク
(Visited 51 times, 1 visits today)