八戸・南郷「観光農園ハウスに真っ赤なイチゴ」開園!2019年1月9日

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 豪華客船「クイーン・エリザベス」青森港に初寄港(2019年5月7日) 観光PRの好機!
  3. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  4. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  5. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  6. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  7. 青森・旅行をもっと楽しむ!「弘前」エリアの「人気観光スポット10選」=【2019】
  8. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  9. 2020年東京オリンピック「青森・聖火リレー」=「初日津軽、2日目下北・県南」案が了承!
  10. 青森2017「岩木山」 山開きした!

青森県八戸市南郷の「いちご観光農園」に市内の「いちのさわ保育園」園児を招いて9日、開園セレモニーを行った。

園児たちは真っ赤に熟したイチゴをおいしそうに頬張っていた。

赤く色づいたイチゴを頬張る園児たち

スポンサードリンク

🍓同農園は5日に今季の営業を開始。同農園では、温度を約20度に保ったビニールハウス3棟で、それぞれ約1万株の「とちおとめ」を栽培しており、「ジャズの里・南郷」にちなんで「ジャズ姫」のブランド名で売り出している。

🍓セレモニーでは山内組合長が「全体が赤く熟したイチゴを選んで。へたの方から食べ進めると甘みを強く感じられる」とイチゴのおいしい食べ方を紹介。訪れた年長組と年中組の園児33人は赤く色づいたイチゴを摘み取っては口に運んでいた。年長組の岡堀心泉(このみ)ちゃん(6)は「大きなイチゴを15粒くらい食べたよ。とても甘くおいしくて、おなかいっぱいになりました」と笑顔で話した。

🍓イチゴ狩りは予約制で、料金(1時間)は中学生以上1500円、小学生1300円、3歳以上700円。営業時間は午前9時~午後4時。火、木曜日は定休。5月下旬ごろまで楽しめるという。

🍓予約、問い合わせは同農園(電話0178-82-2881)へ。

出典:Web東奥

スポンサードリンク
(Visited 15 times, 1 visits today)