気になる青森・八戸市の人口23万人割れ 43年前の水準となる。

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 「第30回青森安潟みなとまつり」開催@第1弾:2019年7月12日〜15日,第2弾:2019年7月19〜21日
  2. 国内初のベビー誕生/世界の希少種”黄金の馬”「アハルテケ」
  3. ピコ太郎も、倖田來未も、DA PUNPも!/a-nation/7月の青森公演!2019年7月20日
  4. 青森・南部町で「花火大会」「南部まつり」「南部サマーフェス」も同日開催!(8月11日)
  5. 「青森安潟みなとまつり」 7月17日から開催
  6. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  7. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  8. 南郷サマージャズフェスティバル2019開催:7月27日
  9. AOMORI 下風呂温泉郷「ゆかい村海鮮どんぶりまつり」花火大会開催:2019年7月27日
  10. 「みさわ七夕まつり」開催:2019年7月26日~28日

青森県八戸市の1月末現在の住民基本台帳に基づく人口が23万人を割り、22万9885人になったことが12日、同市への取材で分かった。

市人口は旧南郷村と合併した2005年の約24万9千人をピークに減少しており、22万人台となるのは1976(昭和51)年以来、43年ぶりとなる。

同市の1月末現在の人口の内訳は、男性11万234人、女性11万9651人。前年同月より2338人減少した。

八戸市の人口は、76年に約22万9800人だったが、翌77年に約3千人増加して23万人を突破。4年後の81年には24万人を超えた。88年までは、出生数から死亡数を差し引いた自然増が、転入から転出を差し引いた社会減を上回り、人口は増加していった。

八戸市庁1階に設置されている市人口の掲示板

             八戸市庁1階に設置されている市人口の掲示板

スポンサードリンク

 青森県八戸市の1月末現在の住民基本台帳に基づく人口が23万人を割り、22万9885人になったことが12日、同市への取材で分かった。市人口は旧南郷村と合併した2005年の約24万9千人をピークに減少しており、22万人台となるのは1976(昭和51)年以来、43年ぶりとなる。

 同市の1月末現在の人口の内訳は、男性11万234人、女性11万9651人。前年同月より2338人減少した。

 八戸市の人口は、76年に約22万9800人だったが、翌77年に約3千人増加して23万人を突破。4年後の81年には24万人を超えた。88年までは、出生数から死亡数を差し引いた自然増が、転入から転出を差し引いた社会減を上回り、人口は増加していった。

 80年代後半から2000年代はじめまでは24万3千~24万6千人台で推移し、旧南郷村との合併で前年より約6千人増加した05年の24万9530人をピークに減少傾向が続いている。05年に初めて死亡数が出生数を上回る自然減に転じ、年々マイナス幅が拡大。15年以降、毎年1600人以上が減り、18年は前年より2300人以上減少した。

 市は人口減少の理由について、さまざまな要因が複雑に絡み合っている-と説明。18年の減少幅が大きかった一因に、陸上自衛隊の部隊改編に伴い、八戸駐屯地の定員が400人減員となったことを挙げた。

 居住実態に近いとされる国勢調査に基づく推計人口は、16年4月時点で23万人を割っており、18年12月現在で22万5249人。

 国立社会保障・人口問題研究所によると、同市の人口は30年に20万1803人、40年に17万5916人と推計。これに対し、市は出生率の向上や人口流出の歯止めを目指す「市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づく事業を展開して、減少幅の緩和を目指している。同戦略の成果が上がれば、30年の人口は20万6863人、40年は19万3128人と推計している。

 人口減少が進めば地域経済の縮小や地域コミュニティーの維持に大きな影響を及ぼす。小林眞市長は今後の人口減対策について「市が有する地域資源、産業集積、陸海空の拠点性の強みを生かして、住みよい環境確保、移住・交流促進による地域活性化を図る」とコメントした。

出典:Web東奥

スポンサードリンク
(Visited 41 times, 1 visits today)