2019新作立佞武多「かぐや」完成 五所川原

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 2017 第23回「弘前市場まつり」開催!⦅11月26日⦆
  2. 東奥日報新町ビルNew'sが2019年4月1日オープン!
  3. あおもり「中三青森店再開発計画」=複合施設は16階建て! 
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  5. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  6. クリスマス青森「クリスマスマーケット2018 in アスパム」開催!
  7. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  8. 青森県内10病院「再編統合の議論必要」厚労省が公表。
  9. 女性社長の割合、青森県がずっと全国一 平均寿命が影響か!?
  10. 皇位継承の「大嘗祭」に青森県産米・青天の霹靂

2019新作立佞武多「かぐや」完成 五所川原

8月4~8日の五所川原立佞武多(たちねぷた)祭りに出陣する新作の大型立佞武多「かぐや」が19日、青森県五所川原市の立佞武多の館で完成した。涙を流しながら、月へ戻る妖艶なかぐや姫がお目見えした。

完成した新作立佞武多「かぐや」

                                完成した新作立佞武多「かぐや」

スポンサードリンク

新作は高さ23メートル、重さ19トン。制作期間は約10カ月で、パーツの組み立ては15日から5日間をかけて行われた。19日は作業員が最上部の顔のパーツを天井のクレーンでつり上げ、胴体部分に取り付けた。完成した立佞武多に電気がともり、かぐや姫の姿が浮かび上がると、観光客らから拍手と歓声が上がった。

かぐやは日本最初の物語とされる「竹取物語」が題材。女性らしさを損なわないように、顔の大きさが歴代立佞武多の中で最小となっている。涙の部分は溶かしたろうで描かれている。

制作者で市観光物産課の齊藤忠大さん(43)にとって、女性を題材にした立佞武多は2作目。「涙を流しているねぷたは珍しい。『今まで育ててくれてありがとう』という、月へ戻るときのかぐや姫の気持ちを表現した」と見どころを語った。

出典:Web東奥

スポンサードリンク
(Visited 94 times, 1 visits today)