青森県民は太りやすい !? ライザップが発表した「都道府県別BMI分析」

本日のアクセスランキング TOP10

  1. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  2. 津軽の雪は熱い! 冬を楽しむ津軽アートフェスタ2020開催:2020年2月1日(土)・2日(日)
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 青森2017「岩木山」 山開きした!
  5. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  6. 「大間マグロ限定特売」を青森市の「観光物産館アスパム」で開催!(1月14日~15日)
  7. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  8. みちのく5大雪まつり!青森県弘前市にて、 2月8日から11日まで『弘前城雪燈籠まつり』を開催!
  9. 2017 八戸市・南郷観光農園 さくらんぼ狩り体験だよ🍒!
  10. 青森県内10病院「再編統合の議論必要」厚労省が公表。

青森県民は太りやすい !? ライザップが発表した「都道府県別BMI分析」調査が興味深い…!

短命県となにかと話題になることが多い青森県ですが、まさか青森県民は太りやすい !?調査結果まで出てくるとは!?

ここは県民として短命県と関係があるとすれば太りにくい体質かつ健康体質をめざそうではないか!


スポンサードリンク

ライザップが、全国47都道府県の20歳~69歳の男女6580名を対象に「都道府県別BMI分析」を実施しました。

BMIは肥満かどうかの目安になる数値。

「痩せ型(18.5未満)」「標準型(18.5以上~25未満)」「肥満型(25以上)」と体型を分別して、都道府県別にその割合を導き出しています。


スポンサードリンク

【青森県には「肥満型」が多い!?】

BMI25以上の「肥満型」がもっとも多かったのは青森県。総合部門・男性部門・女性部門のすべてにおいて1位で、「標準型」、「痩せ型」の割合が全体的に低かったんです。

【理由を紐解いてみると…】

それにしても……一体なぜ、青森県には肥満傾向の人が多いのでしょう?

その理由を紐解くカギになるのが、「ダイエットをしようと思ったきっかけは?」という質問に対する青森県民の答え。

「同性の友人に指摘されて」「異性の友人や恋人、夫に指摘されて」といった回答が目立ち、周りから指摘されるまで体型を意識しない傾向にあることがわかったそうなんです。

いっぽうで、「健康のため」「ベスト体重より太ったから」といった、自発的にダイエットしよう!という回答は少なめ。ダイエットって、本人がやる気にならないとなかなか成功しないものですもんネ……。

また、県民性を分析するカウンセラーの木原誠太郎さんによると、「お酒をよく飲む」「人と話をするのが好き」といった青森の県民性も関係しているかもしれないということでした。

【「標準型」は和歌山県&「痩せ型」は岡山県】

ちなみに「標準型」がもっとも多かったのは和歌山県

総合的に「痩せ型」と「肥満型」が少なく、「ダイエットをしたいと思ったことはなく、したこともない」という回答が47都道府県の中でいちばん多く見られました。

また「痩せ型」が多かったのは岡山県

しかし少々偏りがあり、男性部門では「痩せ型」で1位を獲得していたものの、女性部門は「痩せ型」も「肥満型」も5位となるなど極端な傾向です。

ライザップのホームぺージには47都道府県の結果が公開されているので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね!

出典:Pouch

スポンサードリンク
(Visited 28 times, 1 visits today)