デビュー10年「amazarashi(アマザラシ)」「幸運だった」

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  2. 日本を代表する夏祭り青森「ねぶた」とコラボ  椎名林檎
  3. クマに襲われた男性「死ぬかと」=青森県弘前市五代従弟沢(いとこざわ)
  4. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  5. 「2018ミスねぶたコンテスト」グランプリは明大の野里美央さん!@6月23日
  6. 青森県内漁師を紹介、県製作のトレカが評判
  7. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  8. 青森出身「すご腕マジシャン」首都圏で活躍中!
  9. 青森出身:奈良岡希実子 早くも「かわいすぎる!」と人気急上昇中!“お天気お姉さん”!
  10. フィギュアスケート「本田真凜」の「青森山田高」制服姿に… ”ピンクのリボン”が似合う1枚に反響殺到「天使ですか?」

デビュー10年「amazarashi(アマザラシ)」「幸運だった」

青森県横浜町出身で青森市在住の秋田ひろむさんを中心としたバンド「amazarashi(アマザラシ)」が今月デビュー10周年を迎えた。節目を記念し2018年の東京・日本武道館公演の動画を16日まで動画配信サイト「ユーチューブ」で無料公開している。スマートフォンを活用した同公演の舞台演出が高い評価を受けるなど、めざましい活躍を見せる同バンド。秋田さんは15日までに東奥日報のメール取材に「10年も続いたことは本当にうれしい。幸運だった」とコメントを寄せた。

2018年11月16日に開かれたamazarashiの武道館公演(ソニー・ミュージックレーベルズ提供)

2018年11月16日に開かれたamazarashiの武道館公演(ソニー・ミュージックレーベルズ提供)


スポンサードリンク

新アルバム引っ提げ人気バンド青森凱旋へ|エンタメ|青森ニュース ...

 2007年に結成。青森駅前公園での路上ライブから活動を始め、10年にメジャーデビューした。18年にはアニメ映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~」の主題歌にもなった菅田将暉のシングル曲「ロングホープ・フィリア」を楽曲提供している。

 18年11月16日に一夜限りで開催した武道館公演「朗読演奏実験空間“新言語秩序”」は「言葉の検閲」がテーマ。公演前に秋田さんによる小説、新曲、ミュージックビデオが黒塗りやノイズが混じった“検閲済み”の状態で発表され、公演当日に専用のスマートフォンアプリを起動させると「検閲解除」となり、作品を楽しめる演出となっていた。

 こうした観客とアーティストとの新たな関係性を生んだ舞台演出が評価され、今年3月には文化庁メディア芸術祭賞エンターテインメント部門で優秀賞を受賞した。

 公開された動画のラストには、今回のために書き下ろしたという楽曲「マスクチルドレン」や「令和二年」などの3曲を秋田さんが自宅で弾き語りし、オンラインで収録した映像を収めた。

 5月に予定していた全国ツアーの青森公演は新型コロナウイルスの影響で延期となった。秋田さんは動画を公開した理由について「この状況でも何かできないかと考えた。『新言語秩序』はSNS(会員制交流サイト)時代の言葉の相互監視をテーマにしたライブ。今このご時世においてはまた違う深刻さがあると思い配信を決めた」とし、「僕らにとって青森公演が特別なのはずっと変わらない。しばらく待っていてほしい」とつづった。

出典:Web東奥

スポンサードリンク
(Visited 16 times, 1 visits today)