青森ねぶた、室内装飾と競演 目黒

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  3. 豪華客船「クイーン・エリザベス」青森港に初寄港(2019年5月7日) 観光PRの好機!
  4. 青森・旅行をもっと楽しむ!「津軽」エリアの「人気観光スポット10選」=【2019】
  5. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  6. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  7. 青森・「釣り天国」のGWは マダイ、ワラサ、シーバス、ヘラブナetc「つりファン」注目!
  8. 青森県「漁業取締船はやかぜ」完成!密漁を監視!!
  9. 青森・八甲田“雪の回廊と温泉”ウォーク 2019年3月30日~31日 開催!
  10. あおもり・むつ市=観光遊覧船「夢の平成号」に「イルカウォッチングコース」5月スタート!

「和のあかり×百段階段」展が東京都内の結婚式場・目黒雅叙園にて7月3日より開催中。

本県の若手ねぶた師4人が合同制作した作品などを展示する「和のあかり×百段階段」展が3日、都内の結婚式場・目黒雅叙園で始まった。

目黒雅叙園   Google 検索


スポンサードリンク

青森ねぶたが飾られているのは、都の指定有形文化財である「百段階段」7部屋の中でも特に豪華絢爛(けんらん)な「漁樵(ぎょしょう)の間」。来場者は、ほの暗い空間に浮かび上がるねぶたの面と華麗な室内装飾との“美の競演”に見入っていた。

青森ねぶた、室内装飾と競演 東京の結婚式場   どうしんウェブ/電子版(青森からこんにちは)

       百段階段の「漁樵の間」に展示された青森ねぶたに見入る来場者=3日、東        京・目黒雅叙園

同展は日本各地の祭りの明かりや美濃和紙の明かりなどで百段階段をともす催しで、初めて開かれた。他の部屋も「山口七夕ちょうちんまつり」などの明かりで彩られ、幻想的な雰囲気となっている。

和室という制約された空間のため、人形ねぶたの頭部を組み合わせて配置することで祭りの迫力を表現している。

会場は初日から多くの人でにぎわい、わざわざハネトの衣装を着て作品と写真に納まる人もいた。山形県出身で毎年ねぶた祭に参加しているという本木いずみさん(31)=茨城県在住=は「四つの流派の面を一つの構図で見られるのは、このイベントならでは」と感激の面持ち。学会参加のため来日中という台湾の大学教員・王☆淳さんは「カラフルで躍動感がある。(青森で)祭りを見てみたい」と喜んでいた。

「和のあかり」展は8月9日までで、入場料は当日券1200円。問い合わせは目黒雅叙園(電話03-5434-3140)へ。

※王☆淳さんの☆は「草かんむり」に「倍」

出典:北海道新聞

スポンサードリンク
(Visited 99 times, 1 visits today)