青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 惜しまれる「青森生鮮食品センター」64年の歴史に幕を下ろす。
  2. 青森・五所川原に初の本格「インドカレー専門店」が3月にオープンしました!
  3. 青森県で初 「つがるプロレス」発足! 弘前を拠点に活動!
  4. クマに注意!青森のクマ情報まとめ2016!対策は?
  5. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  6. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  7. NHK総合TV 「ブラタモリ」遂に弘前へ!2017(7月8日)/青森!
  8. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  9. AOMORI「にゃんごすたー」再び脚光! 超絶「ドラテク」ゆるキャラに再注目!!
  10. あのバス旅コンビ太川陽介、蛭子能収が今度はローカル鉄道!?列車5時間待ちの上、番組初の借金生活へ…?

青森県産リンゴの新品種「はつ恋ぐりん」鮮やかな緑色が特徴のが30日、青森市のA-FACTORYで限定販売された。

甘酸っぱい「初恋の味」のリンゴ、いいネーミングですね。はやくたべたいですね!

はつ恋ぐりんは昨年、東京の大手スーパーで売られたが、県内での本格販売は初めて。同日は試食も行われ、買い物客が甘くて酸味の効いた味を堪能していた。

A-FACTORYで限定販売された県産リンゴ「はつ恋ぐりん」▼


スポンサードリンク

はつ恋ぐりんは、県産業技術センターりんご研究所(黒石市)が品種名「あおり24」として開発。果実の緑色(グリーン)と、甘酸っぱい「初恋の味」にちなんで命名され、2014年に生産者がはつ恋ぐりんの商標を取得した。

酸味が強くジュースやジャムなどの加工品に向いているが、糖度も高く、生食としてはさわやかな甘酸っぱい味が特徴。

今年は、島崎藤村が詩「初恋」を発表した10月30日に合わせ、弘前市や黒石市の生産者ら約30人でつくる「はつ恋ぐりんの会」が販売。生食のほか、リンゴジュース、アップルパイ、干しリンゴを準備し買い物客がおいしそうに味わった。

%e5%88%9d%e6%81%8b

今後、はつ恋ぐりんのアップルパイが青森市の洋菓子店「C&Y キャンディ」や弘前市の「ゆめりんご」の直売所で販売される予定。ただ、16年産の生産量が約2トンと限られているため、県内で生果を販売するかは未定という。

同会の今智之会長は「甘いリンゴが主流の中で、酸味の効いた味もPRしていきたい。今後の需要を見ながら、来年以降生産量を増やすことを考えたい」と述べた。

そのほかのリンゴの写真

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 6,888 times, 1 visits today)