「青森の大玉サクランボ」「新品種ジュノハート」初出荷へ!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  2. 2017 八戸市・南郷観光農園 さくらんぼ狩り体験だよ🍒!
  3. 東京・神楽坂「メロンとロマン」都内につがる市直営店オープン!
  4. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  5. 青森・つがるで定期観光バスツアー始まった「津軽のニッコウキスゲ」
  6. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  7. 2020年東京オリンピック「青森・聖火リレー」=「初日津軽、2日目下北・県南」案が了承!
  8. 他人事ではない。自殺率が全国最悪 和歌山県、相談や支援を強化!青森県も!
  9. 6月22日に「佐井村祭り」in アップルパレス青森!「魚・神経抜技法」を実演!
  10. AOMORI「道の駅たいらだて」「Oh!だいば」=「ウニの日」開催!@2018年7月1日

青森県は今年(2019)は500円玉よりも大きいサクランボの新品種「ジュノハート」を初出荷する。

サクランボは贈答品が主力のため高級感をアピールし、果物店だけでなくブライダルや宝飾業界へ売り込む考えだ。国内生産量日本一の山形県も2023年ごろに大玉の新品種を売り出すことにしている。

 青森県などが開発したサクランボの新品種「ジュノハート」。右は「佐藤錦」(りんご研究所県南果樹部提供)

スポンサードリンク

 青森県などが開発したサクランボの新品種「ジュノハート」。右は「佐藤錦」(りんご研究所県南果樹部提供)

 ジュノハートの特徴は大きさと、名前の由来にもなったハート形。サクランボは大きさによって6段階に分かれるが、ブランドを保つため一番大きい4Lと3Lのみを選別して市場に出す。糖度も約20%と甘みが強い。

 青森県では南部町などでサクランボ栽培が行われているが、全国的な知名度はまだ低いがこれから期待。

出典:沖縄タイムス

スポンサードリンク
(Visited 286 times, 3 visits today)