青森・津軽の「伝統工芸品」をヨーロッパ「パリで展示商談会」開催!(2017年1月24日)

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森・北海道「イワシの大量漂着」相次ぐ 地元漁師「はじめて」なぜ!
  2. 「りんご娘」地方創生アイドル“襲名” 「青森県産リンゴ娘」!
  3. 青森・五所川原に初の本格「インドカレー専門店」が3月にオープンしました!
  4. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  5. 佐々木真央さんの歌声どうぞ!青森の歌姫!
  6. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  7. 青森・七戸高が「第19回神奈川大学全国高校生俳句大賞」で最優秀賞に輝いた!
  8. 「青森ナイト in ふるさと祭り東京ドーム」開催!踊りを楽しむイベント満載!2017(1月7日~15日)
  9. 青森2017「岩木山」 山開きした!
  10. 弘前市・百沢「岩木山神社 初詣 」@2019年1月1日~3日

津軽塗など青森県津軽地方の「伝統工芸品」のブランド力を高めて、ヨーロッパに売り込PR!

主催:青森弘前市 展示内容(津軽工芸品)

これは青森県弘前市が主催して開いたもので、パリ市内の会場には、弘前市の職人と世界で活躍する日本人のデザイナーが共同で開発したデザイン性の高い津軽塗や、「ブナコ」と呼ばれるブナから作られた木工品など500点余りの伝統工芸品が展示されました。

訪れたフランス人の女性は「長年培われた伝統と現代的な感覚がうまく混ざり合い、とても美しいと思います」と話し、早速、展示品を買い求める人の姿も見られました。


スポンサードリンク

フランスの伝統文化と津軽工芸文化の融合に期待

弘前市の国際化推進アドバイザーを務めるフランスのファッション教育機関、エスモードの仁野覚代表は「フランスにもすばらしい伝統と文化があり、よいものを受け入れる風土があります。

日本各地の伝統や文化をもっと紹介すれば、必ずフランス人に理解され、より交流が深まっていくでしょう。

津軽塗のブランド力をヨーロッパ全体にPR

弘前市の葛西憲之市長は「津軽塗は漆を幾重にも塗り重ねて手間をかけて作られるだけに、奥が深く、器としても置物としてもさまざまな使い方があります。展示会は実際に工芸品を手にとって品質のよさを実感してもらうよい機会です」と述べ、津軽塗のブランド力を高めヨーロッパ全体に売り込みたいという考えを示しました。

出典:NHKニュースウエブ

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 630 times, 1 visits today)