2017「青森県産ホタテ」の販売額・漁獲量とも過去最高!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 「第30回青森安潟みなとまつり」開催@第1弾:2019年7月12日〜15日,第2弾:2019年7月19〜21日
  2. 国内初のベビー誕生/世界の希少種”黄金の馬”「アハルテケ」
  3. ピコ太郎も、倖田來未も、DA PUNPも!/a-nation/7月の青森公演!2019年7月20日
  4. 青森・南部町で「花火大会」「南部まつり」「南部サマーフェス」も同日開催!(8月11日)
  5. 「青森安潟みなとまつり」 7月17日から開催
  6. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  7. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  8. 南郷サマージャズフェスティバル2019開催:7月27日
  9. AOMORI 下風呂温泉郷「ゆかい村海鮮どんぶりまつり」花火大会開催:2019年7月27日
  10. 「みさわ七夕まつり」開催:2019年7月26日~28日

「青森産ホタテ」販売額・漁獲量とも過去最高を記録!

本年度の青森県産ホタテガイの販売額は200億円を、漁獲量は10万トンを突破し、ともに過去最高記録を更新している。
2010年に陸奥湾の海水温が上昇して大量死が発生し、漁獲量は15年度にようやく回復した。引き続き好調な伸びで完全復活を果たした。


スポンサードリンク

青森県産ホタテガイの漁獲量と販売額の経過は上のグラフをご参照ください

県漁連によると、昨年4~12月の販売額(税込み)は約209億1300万円、漁獲量は約10万1500トンだった。200億円を突破したのは初。本年度末には約225億円、約10万7000トンに達すると見込んでいる。

漁獲量が好調だった理由は

水温が平年並みに推移したことが主な要因。生産者は通常、へい死を加味した数量を養殖している。本年度は成育が順調で、死んだホタテガイが少なかったことから想定を上回る漁獲量になったという。
 

販売額は、15年から海外輸出が順調に伸びている

背景としては海外輸出が伸びていること。その輸出先は米国、中国を中心に、韓国、ベトナムでも需要が高まっているという。

青森県産ホタテガイは引き合いが強まった結果、高単価で推移した。

丁寧な養殖管理を徹底

県漁連ほたて課の兼平欣一課長は「生産者への指導がうまくいっている証拠。水温やしけなどは天候次第だが、今後も丁寧な養殖管理でへい死を限りなく減らしたい」と話している。

出典:河北新報


生産技術(丁寧な洋食管理の向上)がいい結果をうみだしてると思う。自然相手ですから、まだまだ研究が必要なところはあるでしょうが、日本一おいしいホタテをこれからもどんどん生産していってほしいです。

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 641 times, 1 visits today)