女性社長比率=青森県2年連続で全国(都道府県中)1位!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  7. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  8. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  9. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  10. 青森カーリング女子「チーム青森」から新たなチーム名「Delight青森」で復活!2017年12月18日

「女性社長」=「都道府県全体比率7.8%」=もっとも割合高い青森県!その内訳とは?

女性社長比率、最も高い県は青森県 – 最も低いのは?

帝国データバンクは2018年5月22日、「女性社長比率調査(2018)」の結果を発表した。同調査は、企業概要データベース「COSMOS2」を基に、個人事業主、非営利・公益法人などを除く約120万社を対象として、女性が社長を務める企業の割合について集計・分析。2018年4月末時点の女性社長の比率は7.8%。都道府県別では、「青森県」の10.6%がもっとも高く、「岐阜県」の5.2%がもっとも低かった。

女性社長比率の推移

2018年4月末時点における企業の女性社長の割合は、前年比0.1ポイント増の7.8%。30年前から10年ごとの推移をみると、1988年4.2%、1998年5.5%、2008年6.3%と、緩やかな上昇傾向が続いている。

スポンサードリンク

本社が所在する都道府県別にみた場合

1位「青森県」(10.6%)

2位「沖縄県」(10.41%)

3位「徳島県」(10.39%)

上位3県では女性社長比率が1割を超えた。また中四国や九州エリアの県が上位に多く、全体的に西日本で女性社長比率が高いことがわかった。一方、最も低かったのは「岐阜県」の5.2%で全体平均の7.8%を2.6ポイント下回ったほか、下位には中部・東海エリアの県が目立つ結果となった。

このほか年商規模別で見た場合

「5,000万円未満」が10.8%と最多で、年商規模が大きくなるにつれて比率が低下。「100億円以上」は1.3%にとどまった。業種別では、「不動産業」16.6%、「小売業」10.4%、「サービス業」10.3%の順に多かった。業種細分類別では、「保育所」が43.2%と最多だった

女性社長全体の就任経緯をみると

「同族承継」50.4%がもっとも多く、「創業者」は35.6%、「内部昇格」は8.3%、「出向」は0.4%であった。女性社長は、「同族承継」の割合が男性社長に比べて高く、特に新任社長では男性34.7%に対し、女性は68.7%と2倍近くにのぼった。一方、女性社長の「内部昇格」「出向」の割合は低かった。

出典:ニコニコニュース


日本の働き方改革にとっても女性の活躍の場が広がる時代において、もっと女性の起業家による活躍の場が期待される”時”が来ているような気がしています。

スポンサードリンク
(Visited 68 times, 1 visits today)