2016年 第35回記念 津軽三味線世界大会の結果 速報!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森県で初 「つがるプロレス」発足! 弘前を拠点に活動!
  2. 青森・「釣り天国」のGWは マダイ、ワラサ、シーバス、ヘラブナetc「つりファン」注目!
  3. 青森・リンゴ園に「野ネズミハンター」=「フクロウ」誕生!
  4. 惜しまれる「青森生鮮食品センター」64年の歴史に幕を下ろす。
  5. 大阪から大間移住のマグロ漁師、103キロ釣った!
  6. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  7. 青森・人工知能が英語で接客 外国人増で城ケ倉観光!
  8. 北海道新幹線開業26日大人のこだわり「まるごと青森駅弁」が登場!
  9. 青森県今別、三厩沖 漁協など2019年から本格養殖=初水揚げ 養殖サーモン2千匹丸々
  10. 「RAB青森放送×スイーツ&デリシャスフェスタ」期間限4/28~ (イオンモール下田)

2016第35回記念 津軽三味線世界大会の結果発表!

第35回津軽三味線世界大会はおおいに盛り上がった。世界に三味線の音色がとといただろうか?

世の中便利になったので下記の画像でみることができます。楽しんで見事な演奏をお楽しみください。そして結果発表をご覧ください。

2016年 第35回記念 津軽三味線世界大会インターネット中継(1日目・5月3日)

2016年 第35回記念 津軽三味線世界大会インターネット中継(2日目・5月4日)

第35回津軽三味線世界大会結果発表

第35回津軽三味線世界大会は、山中信人さん(埼玉県)が男性A級初優勝、女子A級は柴田愛さん(宮城県)の2連覇達成で幕を閉じた。

津軽三味線 全国大会 2016

日時
平成28年5月3日(火)~4日(水)2日間
競技内容 1日目
ジュニアC級・シニアC級・団体戦各グループ・ミドルC級・ユースC級
競技内容 2日目
個人B級・唄付け伴奏B級・唄付け伴奏A級・女性A級・男性A級
会場
弘前市民会館(青森県弘前市下白銀町1-6)
演奏曲目
津軽民謡を基調に津軽三味線の基本奏法に則った曲弾き演奏。
唄付け伴奏
今年の課題曲はA級は「津軽三下り」、B級は「津軽じょんから新節」です。
入賞と表彰
入賞者には全員に賞状、上位入賞者にはトロフィーが贈られます。

大会結果

賞の区分 受賞者名 出身地
男性A級
優勝 山中信人 埼玉県
準優勝 牧野太紀 静岡県
入賞 小島康平 東京都
入賞 上村彰洋 大阪府
入賞 高橋拓美 茨城県
入賞 大塚晴也 静岡県
女性A級
優勝 柴田愛 宮城県
準優勝 本多凜 石川県
入賞 齋藤沙希 青森県
入賞 對馬明子 青森県
入賞 北村みり 埼玉県
唄付伴奏A級
優勝 上村彰洋 大阪府
準優勝 福井真希子 青森県
金賞 菊田和志 徳島県
銀賞 牧野太紀 静岡県
銅賞 小島康平 東京都
唄付伴奏B級
優勝 井坂斗絲智 茨城県
準優勝 森下智彬 愛知県
金賞 松原ひろ子 東京都
銀賞 馬場邦彰 長崎県
銅賞 井坂斗絲仁 茨城県
個人B級
優勝 森下智彬 愛知県
準優勝 田中風真 愛知県
入賞 石角怜那 宮城県
入賞 木下友梨奈 愛知県
入賞 山川拳 三重県
審査委員長特別賞 矢口祐介 千葉県
団体A
優勝 早稲田大学津軽三味線愛好会 三津巴
準優勝 三味線研究会 夢絃座
金賞 津軽三味線 清友会
団体B
優勝 民芸衆団奏鳴曲
準優勝 津軽三味線新田流
金賞 津軽三絃秀栄会
銀賞 貢隼会
銅賞 弘前大学津軽三味線サークル
団体C
優勝 堀沢ファミリー
ミドルC級
優勝 西山恵美子 山梨県
準優勝 三上誠悦 青森県
入賞 小倉輝久 東京都
入賞 深瀬洋子 秋田県
入賞 笠島智子 千葉県
敢闘賞 工藤純市 青森県
ユースC級
優勝 飛田知宏 埼玉県
準優勝 長谷川学 青森県
入賞 都祭真愛 埼玉県
入賞 木下大地 神奈川県
入賞 松尾和香 長崎県
敢闘賞 藤枝真子 東京都
敢闘賞 中原正人 東京都
敢闘賞 小林礼奈 愛知県
審査員長特別賞 武宗 台湾
シニアC級
優勝 七戸実乗 岩手県
準優勝 市川清男 山梨県
入賞 成田建男 青森県
入賞 今井實 青森県
入賞 西山恵子 兵庫県
敢闘賞 遠藤博 岩手県
敢闘賞 北折美三子 愛知県
ジュニアC級
優勝 中村滉己 愛知県
準優勝 川口廉央 宮城県
入賞 棚瀬敬太 栃木県
入賞 渡邉榛輝 栃木県
入賞 足立美月 静岡県
敢闘賞 佐藤竜雅 岩手県
審査員長特別賞 片山真歩 静岡県

21津軽三味線ネットワークジャパンとは 

津軽三味線 全国大会 2016

2016年の津軽三味線世界大会へ、ご来場および多数のご参加大変ありがとうございました。

男子A級は山中信人さんの初優勝、女子A級は柴田愛さんの2連覇で幕を閉じた今大会は、演奏者の皆様やスタッフ・関係者の皆様のご協力を以て無事に終えることができました。
2017津軽三味線世界大会も多数のご参加・ご来場を心よりお待ちしております。

   詳細は:第35回津軽三味線世界大会の結果

出典:21津軽三味線ネットワークジャパン

関連記事:2017 第36回 津軽三味線世界大会【2日目】

 関連記事:最新イベント情報

スポンサードリンク
(Visited 603 times, 1 visits today)