津軽海峡フェリー、新造船「ブルードルフィン」青森港と函館港で見学会開催!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  2. 青森出身:奈良岡希実子 早くも「かわいすぎる!」と人気急上昇中!“お天気お姉さん”!
  3. 続報:セブンイレブン青森初出店でにぎわう 残すはあと2県
  4. “短命”青森県 長寿1位は関東です。青森県はなぜ?
  5. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  6. 青森県で初 「つがるプロレス」発足! 弘前を拠点に活動!
  7. 大阪から大間移住のマグロ漁師、103キロ釣った!
  8. 青森・津軽びいどろ 工匠の技、若手に託す
  9. AKB48劇場にて公演デビューした″ヨコちゃん“こと横山結衣
  10. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表

 津軽海峡フェリー 新造船「ブルードルフィン」を10月11日より投入 青森港と函館港で見学会開催!

「ブルードルフィン」でドライブ!

%e6%b5%b7%e5%b3%a1%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

見学会

一般見学会は、10月8日に青森港、翌9日には函館港で開催。時間は午後0時から午後3時までで、午後2時30分に入場を締め切る。

津軽海峡フェリー


スポンサードリンク

入場口

★青森港では津軽海峡フェリー青森ターミナルのりば1車両乗船口前

★函館港では津軽海峡フェリー函館ターミナルのりば4車両乗船口前となる。

★入場は先着順となり、各日先着2,000名にオリジナルグッズをプレゼントする。

新造船の「ブルードルフィン」は、全長144メートル、定員は583名、総トン数は8,850トン。トラック71台か乗用車230台を積載できる。

在来船の「ブルードルフィン」と比較して、総トン数は1,847トン大きくなるほか、積載台数も乗用車では30台多くなる。

初便となるのは、10月11日の函館を午後8時15分に出発する22便となる。

【津軽海峡フェリークイズ】「秋の船旅キャンペーン」

10月1日~11月30日 新造船 ブルードルフィン デビュー記念! 【津軽海峡フェリークイズ】「秋の船旅キャンペーン」実施のお知らせ|津軽海峡フェリー株式会社

応募方法

当社フェリー船内にあるクイズ用紙を記入し、
船内応募箱へ投函するだけ!抽選で合計100名様にデジタルカメラIXY190ほか素敵な商品が当たります。

■クイズキャンペンの詳細は下の画面をクリック

出典:トラベルメディア「Traicy(トライシー)


AOMORI Online latest information


スポンサードリンク
(Visited 208 times, 1 visits today)