2017・弘前さくらまつり「100年目」「弘前さくら桟敷」を設け優雅な花見!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  7. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  8. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  9. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  10. 青森カーリング女子「チーム青森」から新たなチーム名「Delight青森」で復活!2017年12月18日

2017・弘前さくらまつり「100年目」初の桟敷席!

弘前さくらまつり(青森県弘前市)が100年目となるのに合わせ、弘前観光コンベンション協会は4月22日~5月7日の期間中、会場の弘前公園内に「弘前さくら桟敷」を設け、ちょっとぜいたくなお花見を提案する。

京都の川床をイメージし、屋根付きの桟敷席で食事やお茶、津軽三味線の演奏を楽しみながら優雅に桜をめでてもらう。

3日前までに予約が必要。「津軽まちあるき」予約サイトや電話で受け付ける。連絡先は同協会0172(35)3131。

市民がかつて花見のときに食べていたというガサエビの天ぷらや郷土料理のイカメンチが入る弁当(弘前観光コンベンション協会提供)


スポンサードリンク

来年の100周年に向けたプレイベント

弘前さくらまつりは、1918(大正7)年に弘前観桜会として始まり、今年は100年目。会期を通常(4月23日~5月5日)より3日延長し、年の100周年に向けたプレイベント来事業を展開する。

「さくら桟敷」宴の内容

南内門付近に最大90人が座れる桟敷席を設置する。利用は午前11時、午後1時半、4時、6時半からの1日4回で各2時間。利用客は桜や郷土料理をテーマにした特製弁当と地酒ワンカップが付く「弁当プラン」(5000円)、アップルパイや桜餅などの「喫茶プラン」(2500円)から選ぶ。どの回も20分程度の津軽三味線の生演奏がある。

3日前までに予約が必要。「津軽まちあるき」予約サイトや電話で受け付ける。連絡先は同協会0172(35)3131。

さくら桟敷のイメージ図。板の床にござが敷かれ、座布団も用意される(弘前観光コンベンション協会提供)

 出典:河北新報
弘前さくら祭りも100年目ですか、まさに文化の伝承が時代をこえて、これからますます長きにわたり美しい花を咲かせて見守っていて下さい。今年もまた春の桜まつりがもうすぐはじまります。
ニュースはしばらくしたら「さくら開花予測」を毎日のように放送されます。それもそうすぐです。ワクワク感がなぜか出てきました。日本の桜!
AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 108 times, 1 visits today)