2017青森「クルーズ船寄港100隻」目指しプラン策定/青森

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 「第30回青森安潟みなとまつり」開催@第1弾:2019年7月12日〜15日,第2弾:2019年7月19〜21日
  2. 国内初のベビー誕生/世界の希少種”黄金の馬”「アハルテケ」
  3. ピコ太郎も、倖田來未も、DA PUNPも!/a-nation/7月の青森公演!2019年7月20日
  4. 青森・南部町で「花火大会」「南部まつり」「南部サマーフェス」も同日開催!(8月11日)
  5. 「青森安潟みなとまつり」 7月17日から開催
  6. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  7. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  8. 南郷サマージャズフェスティバル2019開催:7月27日
  9. AOMORI 下風呂温泉郷「ゆかい村海鮮どんぶりまつり」花火大会開催:2019年7月27日
  10. 「みさわ七夕まつり」開催:2019年7月26日~28日

「クルーズ船寄港100隻」目指しプラン策定/青森

「青森港クルーズ船寄港促進アクションプラン」を策定!

青森市や県、民間などで組織する青森港国際化推進協議会(会長・小野寺晃彦青森市長)は13日、将来的な同港へのクルーズ客船寄港100隻、旅客数10万人を目指すための基本方針「青森港クルーズ船寄港促進アクションプラン」を策定した。

「青森港クルーズ船」の画像検索結果


スポンサードリンク

基本政策は

(1)受け入れ態勢の充実・強化

(2)戦略的なポートセールス

(3)青森港の施設・設備の充実―を掲げる。

クルーズ船の入り口となる同市を中心に、旅客が数多く訪れる弘前市なども含め、周遊コース造成といった取り組みを通して県内各地への効果波及を目指す。

青森港は東北で唯一、旅客船専用岸壁を有し、クルーズ客船寄港数は今年は23隻を予定するなど東北でトップクラス。

乗客数は昨年まで3年間は2万6000~2万7000人台で推移した。ただ寄港数で見た場合は昨年が21隻、国内20位で、博多や長﨑など100~300隻台が寄港する、西日本を中心とした港湾には及ばない。

【写真説明】細川部会長からプランを受け取る小野寺市長(左)

協議会は2015年7月に策定した「青森港ビジョン」を踏まえ、クルーズ船寄港による地域への経済効果波及や活性化を念頭に、昨年9月に青森港クルーズ客船寄港促進部会(細川英邦部会長)を設置、策定作業を進めてきた。

7月13日、青森市役所で細川部会長からプランを受け取った小野寺市長は「100隻、10万人を目指し、一緒にやらせてほしい」と語った。

出典:陸奥新報


関連画像

大型クルーズ船の青森寄港数にはまだまだ伸びしろといいますかポテンシャルはあると思います。青森寄港は特別のスペシャルコースとして西日本にないサービスの展開、観光の魅力を発信することで是非、青森に行ってみたいと思う観光客を増やすための具体的戦略プランを策定してアピールポイントを絞って伝えていくことが大事かなと思います。

何らかの方法(SNSなど)でクルーズ客船を利用されているユーザーの声のアンケートが取れれば参考になると思います。青森寄港にはわざわざ陸奥湾に入港する地理的要素をあえてPRする何かを検討してみる。クルーズ船から見えるイルカのウオッチング、竜飛岬、津軽半島、下北半島、十和田湖など、織り交ぜたプランをまとめて、そのなかから絞り込むことがいいのではないかと思います。四季折々の青森の魅力で魅了しよう。

青森オンライン最新情報 

スポンサードリンク
(Visited 152 times, 1 visits today)