五所川原:自転車で観光地を巡る「サイクルツーリズム」を推進!(台湾人が体験)

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「雲谷新そばまつり2018」開催!10月6日~8日、13日~14日
  2. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  3. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  4. Welcom to AOMORI-Shi 青森市レンタサイクル!
  5. 青森・田子町「地域おこし協力隊」制度で「伝承へ挑戦続く全国唯一の職人」が奮闘中!
  6. 北海道新幹線は 津軽海峡 !青函トンネル! 高倉健!映画「海峡」!へとつながる!
  7.  青森「津軽三味線」発祥地の金木で伝統ある「全日本大会」 開催!(2018年5月4日~5日)
  8. AKB48劇場にて公演デビューした″ヨコちゃん“こと横山結衣
  9. AOMORI「SHIRAKAMI LIFE&ACTIVITIES」白神山地を海外発信、青森県が英語版公式サイト公開!
  10. 青森・鶴田 津軽富士見湖「全国へら鮒(ぶな)つり大会」(4月30日)

台湾人の有名ブロガーが「サイクリング」で観光情報発信/五所川原市

自転車で観光地を巡る「サイクルツーリズム」を推進している青森県五所川原市

津軽半島の自転車旅の魅力を海外へ発信しようと、20~23日の日程で、台湾人の有名ブロガーらを招いてサイクリングで、一行は21日、真夏の日本海を望みながら、西海岸を快走。魅力的な風景やグルメを写真に収めていた。

一行は、旅行やグルメに関する著書やブログがある自転車愛好家やライターら5人。旅費や滞在費などを市が負担する。5人は、市が2月に選定した津軽半島自転車旅のモデルルートを試走。ブログなどで観光情報を発信してもらう。


スポンサードリンク


21日は、12種類あるモデルルートのうち「西海岸」「青池」など約30キロをゆったりとしたペースで走った。深浦町では、新・ご当地グルメ「深浦マグロステーキ丼(マグステ丼)」やイカ焼きに舌鼓。自転車を降り、JR五能線の人気観光列車「リゾートしらかみ」の列車旅も楽しんだ。

サイクリング団体の陳忠利さん(52)は「気候も景色も良く、走りやすかった。台湾で青森はリンゴの産地として有名。今度は実りの秋に再訪したいね」と話した。
22日は、鶴田町の津軽富士見湖の「鶴の舞橋」などを訪れる。

出典:ORICON News

地図

今回の台湾ブロガーが青森でサイクリングのルートの一つとして日本海の千畳敷や「鶴の舞橋」などをめぐりサイクリングを楽しんでいただいた。冬、春残雪の時期はむりですが夏は最高にリフレッシュできる観光ルートといえるでしょう。サイクリングルートはまだ一杯あります。十三湖経由で小泊へ向かうコースも面白いと思います。下北半島、竜飛岬一周もいいですね、海はきれいだし、空気も新鮮、秋のリンゴやグルメも楽しめる企画もいいかもしれません。青森の津軽半島めぐりコースはおすすめです。津軽半島の自然を堪能できますので、ぜひ津軽のサイクリング観光をPRしていただきたいと思います。青森の夏祭りに合わせたツアーで欲張っちゃおうサイクリングもありですね。

青森オンライン最新情報 

スポンサードリンク
(Visited 309 times, 1 visits today)