格闘技イベント情報!【GFG】青森で地元密着の超党派MMAイベント、今年も開催決定!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  2. 2017 八戸市・南郷観光農園 さくらんぼ狩り体験だよ🍒!
  3. 東京・神楽坂「メロンとロマン」都内につがる市直営店オープン!
  4. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  5. 青森・つがるで定期観光バスツアー始まった「津軽のニッコウキスゲ」
  6. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  7. 2020年東京オリンピック「青森・聖火リレー」=「初日津軽、2日目下北・県南」案が了承!
  8. 他人事ではない。自殺率が全国最悪 和歌山県、相談や支援を強化!青森県も!
  9. 6月22日に「佐井村祭り」in アップルパレス青森!「魚・神経抜技法」を実演!
  10. AOMORI「道の駅たいらだて」「Oh!だいば」=「ウニの日」開催!@2018年7月1日

2019年7月7日(日)、青森・プラザマリュウ五所川原にてMMA(総合格闘技)イベント『GFG』(Global Fightingsport Game)が開催決定。

このイベントは「地元密着のMMAイベント」開催を目指し、T-Pleasureジム代表の藤田成保氏を中心に、北海道の格闘技イベント『BOUT』、そして首都圏の各団体が超党派で協力して昨年旗揚げされた。今回で2回目となる。

 


スポンサードリンク

今大会も試合場はケージを使用、全試合ユニファイドルール(アメリカのUFCで採用されている世界的にオーソドックスなMMAルール)を適用する。

 対戦カードは全8試合。メインイベントで地元・青森の梶川卓(36=スカーフィスト)が竹内直矢(29=ベラトレオ函館)を迎え撃つ「青函対決」をはじめ、東北・北海道在住及び出身選手を中心とした盛り沢山の内容となっている。

前回は、地元の雄・小倉卓也(左)と、元UFC戦士・清水俊一(右)がメインイベントで激しい打ち合いを演じた

 また本年度からは未来のファイターを育成すべく、同日12時からアマチュア大会『青森ケージファイト』も開催される。

 藤田成保大会実行委員長は開催にあたり「まずは継続開催を第一の目標として首都圏そして世界に送り込める選手を育成して参りたいと思います」とコメントを寄せている。

<全対戦カード>

▼フライ級(56.7kg)
梶川卓(スカーフィスト)
vs
竹内直矢(ベラトレオ)

▼フライ級(56.7キロ)
大里洋志(スカーフィスト)
vs
池田一歩(ブレイブハート)

▼フライ級(56.7kg)
魚住良太(メビウススポーツアカデミー)
vs
児玉勇也(トイカツ道場 とらの子レスリングクラブ)

▼55.5kg契約
タイガー石井(トイカツ道場 とらの子レスリングクラブ)
vs
楠美貴嗣(T-Pleasure)

▼バンタム級(61.2kg)
秀綱(スカーフィスト)
vs
伊藤貴信(高本道場)

▼フライ級(56.7kg)
平賀正孝(TEAM URESPA)
vs
澤田良(T-Pleasure)

▼バンタム級(61.2kg)
津田麗茉(ブレイブハート)
vs
アマネ ナルミ(T-Pleasure)

▼フェザー級(65.8kg)
武田光信(GUILTY)
 vs
櫻庭泰裕(フリー)

・この大会のイベント情報はこちら

●編集部オススメ

・青森の雄・小倉卓也が地元の旗揚げ大会で元UFC清水俊一を撃破

・青森で新MMAイベント旗揚げ、メインは地元・小倉卓也が元UFC清水俊一を迎え撃つ

・【BOUT】TOMONORIが引退試合で壮絶に散る、梅野源治もエキシビションで 会場沸かす

・【ONE】ミーシャ・テイトが副社長としてONEを普及、来日し6月12日に格闘技教室を開催

・【柔術】宇野薫と佐藤ルミナがエキシ対決で“伝説”再現なるか!? 6.9『修斗杯柔術選手権 四国』

出典:ファイト

スポンサードリンク
(Visited 13 times, 1 visits today)