青森・むつで出荷最盛期<海峡サーモン>6月16日に「祭り」!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. サクランボ🍒・新品種「ジュノハート」今夏「青森県内」デビュー!2019年 夏
  2. 2017 八戸市・南郷観光農園 さくらんぼ狩り体験だよ🍒!
  3. 青森県産サクランボ新品種「ジュノハート」「ハートビート」収穫始まる
  4. 十和田湖高原ゴルフクラブ2020年6月1日オープン!
  5. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  6. クマ出没注意:奥入瀬渓流遊歩道の一部立ち入り禁止
  7. あおもり平川市在住の書家、西谷昇仙が3回目となる還暦記念をかねた個展開催!
  8. 五所川原「リンゴ柄マスク」再販売→即完売
  9. 限定ブランド「八戸前沖さば」の代表的な料理として人気の「棒寿司」ご紹介!
  10. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!

<海峡サーモン」青森・むつで出荷最盛期 16日に「祭り」

津軽海峡に設置されたいけすから水揚げされる海峡サーモン

 津軽海峡で一冬を越した青森県むつ市大畑町の海峡サーモンの水揚げが、最盛期を迎えている。16日には大畑町魚市場で、海峡サーモン祭りが開催される。
 大畑漁港の沖合約3キロのいけすでは連日、漁師らが重さ2~4キロに育ったサーモンを網で捕まえる作業が続く。水揚げは7月末まで。生育が順調な今年は計90トンの出荷を予定する。
 海峡サーモンは、養殖ニジマスの一種。身は脂が乗り、甘みがあるのが特長。16日の祭りでは約1800匹を用意する。通常の半値近くでつかみ取り、たもすくいが楽しめる。

出典:河北新報

スポンサードリンク
(Visited 18 times, 1 visits today)