高知県のまんが甲子園で弘前実業高校(青森)がV

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  7. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  8. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  9. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  10. 青森カーリング女子「チーム青森」から新たなチーム名「Delight青森」で復活!2017年12月18日

第24回全国高等学校漫画選手権「まんが甲子園」は8月2日、高知市九反田の高知市文化プラザ「かるぽーと」で20校による決勝戦を行った。

初出場の弘前実業高校(青森県)が最優秀賞に輝いた。

おめでとう!

高知新聞:高知のニュース:文化・芸能:高知県のまんが甲子園で弘前実業高校(青森)がV


スポンサードリンク

3校すべてが敗者復活戦に回った高知県勢は、2校が決勝戦に進み、中村高校が審査委員長賞、土佐高校が高知県高等学校文化連盟会長賞と帯屋町賞(敗者復活戦一般投票1位)を獲得した。窪川は惜しくも敗者復活戦を勝ち上がれなかった。

 決勝戦には1次競技を勝ち抜いた15校に、敗者復活を果たした5校を加えた20校が臨んだ。発表されたテーマは「スター」。星や人気者を下地に発想を膨らませ、ダジャレあり、社会派あり、インパクト勝負ありと、各校の持ち味を存分に発揮した。弘前実業高校は「ひかり」「のぞみ」に続いて宇宙行き新幹線「スター」が出発するという夢のある作品を仕上げた。

 1次競技では余裕を持って完成させた学校も、決勝戦は制限時間5時間半をぎりぎりまで使って、勝負の一筆を振るった。2位は京都芸術高校(京都府)、3位にみえ夢学園高校(三重県)が入った。

 表彰式で牧野圭一審査委員長は「作品を一目見れば、どういう過程で出来上がったのか分かるので感情移入してしまう。審査員室では本当に大激論でした。1こま漫画の作家とストーリー漫画の作家は見解がずれる。上位に入った作品は突出した発想力を持っている」と講評した。

 その他の入賞、特別賞は次の通り。

 【入賞】まんが王国・土佐推進協議会会長賞=有田工業(佐賀県)▽三菱電機賞=豊明(愛知県)▽全日空賞=明和(愛知県)▽高知県市町村振興協会賞=備前緑陽(岡山県)【特別賞】やなせたかし賞=多治見西(岐阜県)

  【写真】最優秀賞に輝いた弘前実業高校のペン児ら(高知市の「かるぽーと」)

出典:高知新聞

スポンサードリンク
(Visited 65 times, 1 visits today)