青森・深浦町:海面養殖サーモン初水揚げ!@2018年5月

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 十和田市「とわだ “Yosakoi” 夢まつり 2018」開催!@9月22日~23日
  2. AOMORI「雲谷高原コスモスまつり2018」開催!@9月22日~24日
  3. 「あおもり10市大祭典」22日青森で開幕!@2018/09/22~23
  4.  コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  5. 青森・おいらせ下田まつり 開催!(9月23日~25日)
  6. 平成30年度 春の「動物ふれあいフェスティバル」開催!in AOMORI Shi
  7. 青森・平川市「猿賀神社十五夜大祭2018」開催!@9月23日~25日
  8. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  9. 「2018青森港クルーズ豪華客船」寄港スケジュールまとめ!寄港数UP!
  10. 青森・田舎館村「田んぼアート2018」見ごろご案内!

青森・深浦町:養殖サーモン初水揚げが行われた。

海面養殖一大産地目指す深浦町「日本サーモンファーム」

サーモンの大規模な海面養殖試験が行われている青森県深浦町沖で14日、試験販売用の成魚の水揚げが始まった。養殖・加工を担う「日本サーモンファーム」(同町)は、品質や販売コストを確認し、2019年5月ごろから本格的な出荷を始める予定だ。
新鮮なサーモンのお刺身が楽しみだ!
試験販売する要素句サーモンを水揚げする関係者=深浦町沖で2018年5月14日、藤田晴雄撮影© 毎日新聞 試験販売する要素句サーモンを水揚げする関係者=深浦町沖

スポンサードリンク

養殖試験の内容

つくり育てる漁業の推進を目的に、県や町、地元漁協、同ファームなどが連携して2016年2月から実施。ふ化した稚魚を町内の中間育成場で20~30センチほどの大きさに飼育した後、沖合に設置したいけすで育てている。

青森県内に試験出荷(5月15日)

深浦漁協の組合員や同ファームの社員らが、沖合約300メートルに設けた10メートル四方のいけすから、体長50センチほどに育ったサーモン約100匹を初水揚げし、県内に試験出荷した。

今後の期待としては

水揚げを視察した吉田満町長は「魚体がまだ小さいなどの課題があるが、それらを克服し、サーモンの一大産地として知名度を上げていきたい」と期待していた。

同ファームなどは、同町沖2カ所と今別町沖1カ所でサーモンの大規模養殖事業を展開。国内外に出荷するため、将来さらに養殖施設を増やし、年間1万トンの水揚げを見込んでいる。

出典:毎日新聞

スポンサードリンク
(Visited 45 times, 1 visits today)