10万円給付 679市区町村がオンライン申請を開始

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  2. 続報:セブンイレブン青森初出店でにぎわう 残すはあと2県
  3. 青森出身:奈良岡希実子 早くも「かわいすぎる!」と人気急上昇中!“お天気お姉さん”!
  4. 青森県で初 「つがるプロレス」発足! 弘前を拠点に活動!
  5. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  6. “短命”青森県 長寿1位は関東です。青森県はなぜ?
  7. AKB48劇場にて公演デビューした″ヨコちゃん“こと横山結衣
  8. 大阪から大間移住のマグロ漁師、103キロ釣った!
  9. 青森・津軽びいどろ 工匠の技、若手に託す
  10. 青森・金木「津軽まつり」雪と光のページェント~「芦野公園/イルミ‐ライトアップ」!

10万円給付 679市区町村がオンライン申請を開始


スポンサードリンク

総務省は1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として、全国民を対象にした1人10万円の一律給付で用いる、オンライン申請のシステム整備が完了し、全国の約4割にあたる679の市区町村で給付申請の受付が開始されたと発表した。総務省によると今後、対応可能な自治体を増やし、最終的にはすべての市区町村でオンライン申請できるようにするという。

 オンライン申請にはマイナンバーカードが必要で、マイナンバー制度の個人向けサイト「マイナポータル」にログインして申請を行う。ただ、カードの普及率は約16%にとどまることから、多くの人にとっては紙の申請書による申請受付が始まるのを待つ必要がありそうだ。

 また、1日時点では富山県が県内すべての自治体で対応が可能となっている一方、東京都などは品川区など5区6市の17・7%にとどまっており、都道府県によっても対応状況にはばらつきがある。対応自治体は、総務省のホームページなどで公表する予定。

 10万円給付は4月27日時点で住民基本台帳に記載がある人すべてが給付対象。給付を受けるには申請が必要で、オンライン申請のほか、各市区町村が今後郵送する申請書を返信する方法もある。給付金は申請時に指定した銀行口座に振り込まれる。給付金が振り込まれる時期や、申請書の送付開始時期などは各市区町村が判断することになっている。

出典:iZA

スポンサードリンク
(Visited 39 times, 1 visits today)