「青森海面漁業」600億円台回復 ホタテ好調!(2016年度)

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「つがる市馬市まつり2018」開催!@8月24日~26日
  2. あおもり黒石「ふるさと元気まつり2019」花火大会開催:2019年8月17日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 青森・平内町「ほたての祭典2018」開催!@9月16日
  5. つがる市馬市まつり2019開催:2019年8月23日~25日
  6. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!
  7. 東奥日報新町ビルNew’sが2019年4月1日オープン!
  8. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  9. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  10. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!

「青森海面漁業」 600億円台回復しホタテ絶好調!2016

青森県の2016年の海面漁業の漁獲金額は前年比20%増の635億5593万円と、12年ぶりに600億円台に回復したことが県の調査(速報)で分かった。漁獲数量は0.2%減の24万9709トンと前年並みだった。


スポンサードリンク

ホタテ貝の漁獲数、金額は最高を記録

主力のホタテガイが12万1696トン(過去5年平均6万5496トン)、262億3191万円(98億2600万円)と、漁獲数量、金額ともに統計開始の1960年以降最高を記録したのが主な要因。金額は過去最高だった前年の1.5倍だった。

スルメイカの漁獲量が低調

スルメイカは前年に続き低調で、数量は2万2479トン(4万4591トン)に落ち込んだ。一方で品薄により市場での引き合いが強まり、金額は前年比18.5%増の121億円(120億3500万円)となった。

主力のサバは低迷、マイワシはの漁獲数量倍増の2.5倍

その他の主力魚種は、サバが4万1777トン、43億4100万円と低迷。マイワシは漁獲数量が前年比2.5倍の2万4990トン、金額が1.7倍の12億1000万円で、ともに伸び幅が最も大きかった。

ホタテの増産につながった訳

県水産振興課の担当者は、ホタテガイ好調の要因を「貝の死滅要因となる海水温の上昇が少なく、増産につながった」と分析。北海道産ホタテガイの減産で単価が押し上がったという。スルメイカは産卵海域の水温変化が原因で、全国的な不漁が問題となっている。

出典:河北新法


青森のホタテは実にうまい。それも新鮮なものが最高である。一度夏泊半島へたまたま行ったとき、夏ですが生きたホタテのバーベキューの味は忘れません。少なからずも条件が重なったのだと思います。青森のスルメイカのお刺身がまたおいしい、いつもそう思うなにが違うんだろう。イカのもつジューシーな甘さは一味ちがうといつも感じますが、あとは青森の空気(気候)がおいしいからだと連想しています。2016年度のスルメイカの漁獲高の低迷は非常に残念であります。一方、ホタテが元気に育ったことは何よりです。本来、青森では定番の2つですが、お刺身はホタテとイガがあればおかずはなくとも?庶民のミカタですから、2017年度は豊漁でありますように。地球の海の神様にお祈り申し上げます。

AOMORI Online latest informatio

スポンサードリンク
(Visited 91 times, 1 visits today)