青森産含む「国産リンゴ輸出100億円突破」!(2016輸出累計)

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「雲谷新そばまつり2018」開催!10月6日~8日、13日~14日
  2. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  3. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  4. Welcom to AOMORI-Shi 青森市レンタサイクル!
  5. 青森・田子町「地域おこし協力隊」制度で「伝承へ挑戦続く全国唯一の職人」が奮闘中!
  6. 北海道新幹線は 津軽海峡 !青函トンネル! 高倉健!映画「海峡」!へとつながる!
  7. AOMORI「SHIRAKAMI LIFE&ACTIVITIES」白神山地を海外発信、青森県が英語版公式サイト公開!
  8. 青森・鶴田 津軽富士見湖「全国へら鮒(ぶな)つり大会」(4月30日)
  9. AKB48劇場にて公演デビューした″ヨコちゃん“こと横山結衣
  10. AOMORI 2017「ミス・クリーンライスあおもり」コンテスト結果速報!

3年連続100億円突破 国産リンゴ輸出額(2017/04/28 09:25)

財務省が27日発表した2017年3月の貿易統計によると、16年産国産リンゴの累計輸出金額(16年9月~17年3月)が104億597万円に上り、14、15年産に続き3年連続で100億円を突破した。

財務省が27日発表した貿易統計によると、2016年産国産リンゴの輸出金

「青森りんご 輸出量」の画像検索結果


スポンサードリンク

写真

青森県国際経済課によると、16年産の年間輸出金額は輸出が終わる8月時点で110億円前後となる見込み。輸出金額は11年産以来5年ぶりに減少し、輸出量も3万トンを超えた14、15年産に届かない見通しだ。財務省が27日発表した貿易統計によると、2016年産国産リンゴの輸出金額は、昨年9月〜今年3月末の累計で104億596万円と、3年連続で100億円の大台に乗った。ただ、前年同期比は21%減で、輸出量は25%減の2万5375トン。16年産の取引は8月まで続くが、輸出金額は11年産以来5年ぶりに減少し、輸出量も3万トンを超えた14、15年産に届かない見通しだ。 
関連画像
国産リンゴは約9割が青森県産とされる。16年産を巡っては、産地の価格高や競合する米国産が豊作だったほか、台湾などで需要が高まる春節(旧正月)が前年より早かったことなどが影響して輸出量が伸び悩んでいた。 
一方、金額はデータが残る1988年以降、2番目に多かった14年産の109億9662万円に迫る勢いだ。 3月単月の輸出量は1791トン(前年同月比23%減)、金額は6億4172万円(25%減)で、輸入国側でニュージーランド産などへの切り替えが進んだ。 県国際経済課によると、16年産の年間輸出量は約2万7千トンと推計される。同課は「年間の輸出金額は最高で110億円程度に落ち着きそうだ」としている。
青森りんごは世界からみたら高級デザート向けです。中国では贈答品として人気があります。リンゴの姿、大きさ、色、甘さとジューシーさは、まさに高級デザートにふさわしいと日本人も思っています。
また東南アジアではタイ、ベトナム 台湾などに輸出されており、今後も需要は高まっていくものと思います。取り組みとして輸出の拡大はまだまだ続くことになります。「青森りんご大好き」を拡散しましょう。
AOMORI Online latest informatio
スポンサードリンク
(Visited 311 times, 1 visits today)