渡辺直美さんがPR!=「青森リンゴ」でべっぴんになるど~!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 人気の遮光器土偶ニット帽販売へ
  2. ハタハタ漁本格化「深浦で箱詰」め作業 in 青森
  3. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  4. 青森・七戸高が「第19回神奈川大学全国高校生俳句大賞」で最優秀賞に輝いた!
  5. 青森・「釣り天国」のGWは マダイ、ワラサ、シーバス、ヘラブナetc「つりファン」注目!
  6. AOMORI 2017「ミス・クリーンライスあおもり」コンテスト結果速報!
  7. 弘前城天守、持ち上げる 100年ぶり曳屋工事
  8. AKB48劇場にて公演デビューした″ヨコちゃん“こと横山結衣
  9. 変わった!「世界最速列車」国別ランキング発表!
  10. 田んぼアート「青森県田舎館村」 “戦国武将” を稲刈り !

青森県の生産、流通団体などでつくる「りんご対策協議会」は千葉市で県産リンゴのPRイベントを開いた!(2月24日)

2014年から展開する「青森りんごでべっぴん倍増計画」

プロジェクトで委員長を務める、芸人の渡辺直美さんが登場。赤いリンゴの飾りを頭に付け、女王をイメージした衣装に身を包み、県産リンゴのおいしさや美容効果をアピールした。りんごのイメージが良くつたわってきます。

森県りんご対策協議会の加川会長(左)から「青森りんご一生無料券」を受け取る渡辺直美さん(中)(24日、千葉市で)


スポンサードリンク

イベントは同協議会と吉本興業(大阪市)が連携したPRプロジェクトの一環。

今年で4年目となるPRプロジェクトですが、渡辺さんは3年連続で委員長を務めており、CM出演の他、写真を共有するインターネット交流サイト(SNS)「インスタグラム」で自身のPRの様子を発信している。またりんごがよく似合う。

同協議会の加川雅人会長がリンゴを輪切り状にする食べ方を紹介。

渡辺さんは蜜の入り具合を確かめながら「斬新な切り方だけど食べやすい」とアピール。また、これまでの情報発信の功績をたたえ、同協議会から「青森りんご一生無料券」が贈呈されると、渡辺さんは「リンゴを食べると肌が本当につるつるになる。これからも青森のリンゴをずっと食べ続ける」と話した。

同会場で同県産の「ふじ」「王林」の販売会も開いた。

加川会長は「昨年8月の天候不順で小玉傾向だが、食味は良く、何度食べても飽きがこないような出来になっている」と語った。

「ふじ」「王林」はやはりうまい。

青森県のりんごの収穫の種類は「さんふじ」「ふじ」「王林」が一番多いのですが、やはり味覚的にはどのりんごよりも、程よい硬さで少しだけ酸味のきいた、これらの品種は美味いといえます。好みにもよりますが何種類も食べて比較するとよくわかります。I LOVE 🍎
 AOMORI Online latest informatio
スポンサードリンク
(Visited 447 times, 1 visits today)