東北6県の魂一つに「東北絆まつり2018」30万人来場!盛岡で閉幕!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 国内 2019年夏休み旅行先➡青森県伸び率204% 全国2位!
  2. 青森・深浦町「日本一の大イチョウ・ライトアップ」X「ビッグイエロー2018」
  3. 2017 八戸市・南郷観光農園 さくらんぼ狩り体験だよ🍒!
  4. 十和田湖高原ゴルフクラブ2020年6月1日オープン!
  5. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  6. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!
  7. 青森・美人『第1回美しい20代コンテスト』受賞者お披露目発表会が29日 都内で開催された。
  8. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  9. 青森県「いがめんち」の魅力を探る!「ニッポン珍味紀行より」
  10. 青森・五所川原に初の本格「インドカレー専門店」が3月にオープンしました!

東北6県の代表的な祭りが集まる「東北絆まつり2018」は閉幕した。

東日本大震災からの復興をアピールする「東北絆まつり」は最終日の3日も盛岡市で繰り広げられた。


スポンサードリンク
「「東北絆まつり」」の画像検索結果

福島わらじまつりの関係者は興奮と熱気の中、本県の魅力を発信した。

「福島わらじまつり」の画像検索結果

パレード後半では祭りの踊り手らが肩を並べて練り歩いた。青森ねぶた祭りに参加した児童が大わらじの上に乗り、観客を魅了した。
主催者によると2、3の両日合わせて約30万3000人が来場した。
福島わらじまつり実行委員員会の小河日出男委員長(73)は「東北は一つということを後世の子どもたちに伝えるような祭りが必要だ」と絆まつりの役割を示した。
閉祭式で木幡浩福島市長は「(絆まつりを)来年は福島市で開催させてもらうことになるでしょう」とあいさつした。 東北絆まつり実行委員会によると、次期開催地の正式決定は今年秋ごろになる見込み。
絆まつりは震災と東京電力福島第一原発事故が起きた2011(平成23)年に始まった東北六魂祭の後継イベントで、各県持ち回り開催の2巡目に入っている。
東北六魂祭は仙台、盛岡、福島、山形、秋田、青森の各市の順に開催さた。
2020年東京五輪・パラリンピック開催を翌年に控える2019年は福島わらじまつりは誕生50年の節目を迎える。

スポンサードリンク
(Visited 165 times, 1 visits today)