青森県十和田市の手づくり村鯉艸郷で6月22日(土)から7月15日(月)まで、「花菖蒲まつり 2019」が開催される。

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  2. 青森県内初「大恐竜展」東奥日報新町ビル:2019年9月21日~11月4日
  3. 青森市で初雪観測 気象台統計開始から最も遅く
  4. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  5. 青森県内10病院「再編統合の議論必要」厚労省が公表。
  6. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  7. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  8. 「青森産美BODYガール」=北向珠夕の大収穫 ”りんごグラビア”!?
  9. 青森・むつ市「ミスおしまこ2019」3人決定「むつ市の魅力を発信したい」
  10. あおもり「りんご娘に楽曲提供」の“多田慎也”さん弘前移住!

梅雨空を吹き飛ばす花菖蒲の絨毯は圧巻!青森県十和田市で「花菖蒲まつり 2019」開催!

和を感じる鯉艸亭と花菖蒲とのコントラスト 写真は主催者提供


スポンサードリンク


【写真を見る】色とりどりの花菖蒲が咲き誇る写真は主催者提供

3000坪の広大な面積を誇る花菖蒲園に、450種類20万株の花菖蒲が咲き乱れる。極早生種から晩生種まで幅広い品種が植えられているため、中生種が満開になる6月下旬から7月上旬頃が、最も見事な景観になる。手づくり村鯉艸郷オリジナルの品種の花菖蒲を観ることができ、開花株のポット苗の購入も可能。そば打ちやピザ作りといった各種体験プログラムもある他、7月6日(土)からは食べ放題、摘み放題が時間無制限のブルーベリー狩り(要別途料金)もスタート。大人から子供まで楽しめる。

担当者は「花菖蒲が次から次へと咲き誇ります。江戸時代からの伝統植物花菖蒲を是非ご覧頂きたいと思います。今年は、天候不良(雨不足・猛暑)等により生育が遅れています。開花状況などは公式ホームページでご確認ください」と開花時期に注意を呼びかける。

今年は天候で生育が遅れ気味なよう。花菖蒲の状況をしっかりとチェックして、手づくり村鯉艸郷に行こう!

出典:WalkerPlus

スポンサードリンク
(Visited 19 times, 1 visits today)