クマ出没注意:奥入瀬渓流遊歩道の一部立ち入り禁止

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 「第30回青森安潟みなとまつり」開催@第1弾:2019年7月12日〜15日,第2弾:2019年7月19〜21日
  2. 国内初のベビー誕生/世界の希少種”黄金の馬”「アハルテケ」
  3. ピコ太郎も、倖田來未も、DA PUNPも!/a-nation/7月の青森公演!2019年7月20日
  4. 青森・南部町で「花火大会」「南部まつり」「南部サマーフェス」も同日開催!(8月11日)
  5. 「青森安潟みなとまつり」 7月17日から開催
  6. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  7. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  8. 南郷サマージャズフェスティバル2019開催:7月27日
  9. AOMORI 下風呂温泉郷「ゆかい村海鮮どんぶりまつり」花火大会開催:2019年7月27日
  10. 「みさわ七夕まつり」開催:2019年7月26日~28日

クマ出没相次ぎ、奥入瀬渓流遊歩道の一部立ち入り禁止

十和田八幡平国立公園にある奥入瀬渓流の石ケ戸地区で、ツキノワグマが相次いで出没し、青森県が管理する遊歩道の一部区間を立ち入り禁止にしたことが8日、県などへの取材で分かった。

クマの出没が相次ぎ、一部区間で通行止めとなっている奥入瀬渓流の遊歩道=7日、十和田市

スポンサードリンク

多くの来訪者が集まる石ケ戸休憩所から、渓流美が人気の「三乱(さみだれ)の流れ」まで約900メートルの区間で、3日夕から通行止めとした。散策する来訪者の安全確保のために緊急避難的な措置だが、極めて珍しいケース。今後の対応ついて県観光企画課は、関係機関と情報交換しながら判断する考えだ。
 

 県などによると、6月29日から同休憩所付近でクマの目撃情報が相次ぎ、7月3日には遊歩道付近でうろついたり、木の上で休んだりしている親子のクマを観光客らが発見した。

 同休憩所付近は多くの来訪者が集まる場所。県は非常に危険と判断し、緊急的に立ち入り禁止の措置を講じた。禁止区間には目立つように注意を喚起する看板やバリケードを設置。外国人観光客にも分かるように、英語や韓国語、中国語の多言語で対応している。

 同課の沖沢進課長は「来訪者の安全を第一に考え、当面の間は立ち入り禁止とした。今週中にも関係機関と情報交換しながら、今後の対応を判断したい」と説明した。

 十和田市農林商工部の本宿貴一部長は「遊歩道をずっと通行止めにするわけにはいかない。来訪者の安全と観光振興の両面で、解除する時期を見極める必要がある」と述べた

出典:株式会社デーリー東北新聞社

スポンサードリンク
(Visited 22 times, 1 visits today)