青森県・鰺ヶ沢町 「幻の魚イトウ」が「満天☆青空レストラン」 2016年2月13日(土)放送

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「雲谷新そばまつり2018」開催!10月6日~8日、13日~14日
  2. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  3. Welcom to AOMORI-Shi 青森市レンタサイクル!
  4. 青森・田子町「地域おこし協力隊」制度で「伝承へ挑戦続く全国唯一の職人」が奮闘中!
  5. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  6. 北海道新幹線は 津軽海峡 !青函トンネル! 高倉健!映画「海峡」!へとつながる!
  7. 青森・鶴田 津軽富士見湖「全国へら鮒(ぶな)つり大会」(4月30日)
  8. AKB48劇場にて公演デビューした″ヨコちゃん“こと横山結衣
  9.  青森「津軽三味線」発祥地の金木で伝統ある「全日本大会」 開催!(2018年5月4日~5日)
  10. AOMORI「SHIRAKAMI LIFE&ACTIVITIES」白神山地を海外発信、青森県が英語版公式サイト公開!

「青森・幻の魚イトウ」TV番組「満天☆青空レストラン」で放送された!

青森・鰺ヶ沢町「幻の魚イトウ」「釣りキチ三平」でも有名な魚です。

2016年2月13日(土) 18:30~19:00 日本テレビ
【レギュラー出演】 宮川大輔
【ゲスト】 間寛平
【その他】 加藤隆之 , 兼平順子 , 太田ツル子 , 清野ツセ子 , 工藤七重 , 三上進 , 磯辺角美

「満天☆青空レストラン]イトウ in 青森県鰺ヶ沢町

出典:日テレ  満天☆青空レストラン #342 イトウin青森県

ajigawasawa ito

今回の青空レストランは、幻の魚イトウ
普段はなかなかお目にかかれない幻食材をご紹介!
ゲストは間寛平さんです!


スポンサードリンク

狭間寛平1

間寛平 と 宮川大輔

高級魚・幻の魚イトウの舞台は白神山地

今回の舞台は白神山地のふもとにある青森県西津軽郡鰺ヶ沢町。名人の加藤隆之さんは釣りキチ三平にも登場した魚・イトウを育てていた。

巨大な22年物で1メートルを超えるイトウ

イトウ

加藤隆之さんが育てているイトウは1mオーバーで22年もののイトウの親も生きている。加藤さんは鰺ヶ沢役場の職員でイトウを特産品にすべく30年前に養殖を始めた。

イトウの養殖の難しさ

大学から譲り受けた卵をマスの養殖場で育てたが130匹のイトウは病気になった。4匹しか生き残らなかったがこの失敗で名人は養殖に必要な様々な事に気付いた。

イトウは冷水性の動物で白神山地から流れる水が最適

1年魚の生簀には1500匹ほどのイトウが飼育されているが警戒心が強く餌を食べない。

そのため配合飼料にイカの肝臓の脂分を抽出し食欲を増すようにしている。

30年前は成魚になるのは1割だったが現在は年間2000匹もの出荷が可能になった。

イトウの刺身

イトウの刺身

兼平順子さんら赤石水産漁協女性部のみなさんがイトウは3枚におろしイトウの刺身を調理し、宮川大輔達が試食した。

イトウの塩焼き

続いてイトウの塩焼きは身が柔らかく火が通りやすい1年魚を使用。塩を振ったら炭火でじっくり焼いて完成。

イトウのマリネ

三上進さんがイトウのマリネを調理。イトウの身を薄く叩いて柔らかくする。イトウをオリーブオイルでマリネにし、イカテ、ホタテは細かくしパプリカを混ぜマリネにする。型にイトウを敷いて他の食材も詰め込みリンゴのバルサミコスソースを添え、燻製器アラジンで蒸して完成。

イトウのポワレ

三上進さんがイトウのポワレを調理。ポワレとはフランスにおいてバターなど使って具材を焼いて調理する事。両面が香ばしく仕上がったら炒めたエシャロットにリンゴ酒、生クリームとバターを加えたクレーム・オ・シードルソースにイトウとネギを添えて完成。

青森産スルメイカでゴロ塩漬け

磯辺角美がイカゴロの塩漬けを調理。スルメイカでゴロを取り出しミネラル塩を馴染ませ1か月漬け込み完成。作り方は満天☆青空レストラン ホームページまで。

出典:価格.COM

スポンサードリンク
(Visited 845 times, 1 visits today)