「青函コーヒー」ブランド化へ!青森コーヒー店と連携強化!(函館の輸入業者)

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「つがる市馬市まつり2018」開催!@8月24日~26日
  2. あおもり黒石「ふるさと元気まつり2019」花火大会開催:2019年8月17日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 青森・平内町「ほたての祭典2018」開催!@9月16日
  5. つがる市馬市まつり2019開催:2019年8月23日~25日
  6. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!
  7. 東奥日報新町ビルNew’sが2019年4月1日オープン!
  8. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  9. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  10. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!

グリーンパティオ(函館)(コーヒーの輸入業者)は青森市内のコーヒー店と連携を強化した。

コスタリカ産のコーヒー豆で作った新製品を青函の「ご当地コーヒー」として売り出す取り組みを始めた。


スポンサードリンク

14日に道内外の飲食業者らを招いた試飲会を函館市内で開催。北海道新幹線開業を機に青函発のブランドとして定着させたい考えだ。

コーヒー2

グリーンパティオは2014年から、コスタリカ産の希少な高級豆の輸入を始め「コスタリカSakurako」と命名。道内も含め幅広い販路を持ち、焙煎(ばいせん)技術にも優れる青森市内のコーヒー専門店「コーヒーカラーズ」の協力で、生豆や焙煎した豆を道内外の約40社に卸してきた。

コスタリカ_COE2011_WINロスアンヘレス_エストレージャ

今回、両社が連携して新たに作ったのは、羊蹄山の湧き水を使ったアイスコーヒー「チェリーの記憶」(750ミリリットル入り、税別1500円)と、カップに載せてお湯を注ぐだけで飲める簡易抽出型のコーヒーセット(15袋入り、税別2400円)。

出典:どうしん


AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 66 times, 1 visits today)