青森県・八戸市の「TANESASHI CAFE」が渋谷に登場!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 日本を代表する夏祭り青森「ねぶた」とコラボ  椎名林檎
  2. 青森・「イトーヨーカドー青森店を大改装」=「ロフト」や「コメダ珈琲」導入!6月7日グランドオープンする。
  3. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  4. あおもり「ひらないの春まつり」2019開催!わんこホタテ世界選手権@5月3日!
  5. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  6. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  7. レーザー/花火大会!「たのしむべ!フェスティバル」in 六ヶ所村@2018年6月9日~10日
  8. 青森・「釣り天国」のGWは マダイ、ワラサ、シーバス、ヘラブナetc「つりファン」注目!
  9. 東奥日報新町ビルNew’sが2019年4月1日オープン!
  10. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!

三陸復興国立公園の種差海岸の300羽以上のウミネコ」渋谷でお出迎え!

青森県八戸市の事業で三陸復興国立公園の種差海岸のPR in 渋谷!

【グルメ】 期間限定メニュー [青森県から届けられた春の味]

300羽以上のウミネコがお出迎え。青森県八戸市の「TANESASHI CAFE」が渋谷に登場

種差海岸風景写真やウミネコのオブジェ


スポンサードリンク

青森県の種差海岸を知っている?

八戸市中心部から車で30分ほどでたどり着けるこのエリアには、樹齢100年以上の松が連なる「淀の松原」やウミネコの巣を間近で観測できる「蕪島」などがあり、豊かな自然を楽しむことができるそう。特に4~5月には、海抜0mにもかかわらず偏西風の影響で高山植物が咲き乱れるのだとか。そんなこの土地の魅力を教えてくれる期間限定のカフェが、渋谷に期間限定で登場。

「渋谷ロフト」2階にあるカフェ「Shibuya City Lounge(シブヤシティラウンジ)」

では、2016年2月1日(月)から2月29日(月)までの1ヶ月間、「TANESASHI CAFE(タネサシカフェ)」を開催。店内には、種差海岸を300羽以上の群れで飛ぶウミネコを表現したオブジェや風景写真10点以上が飾られていて、種差海岸の自然を感じることができる。

「同イベントは、三陸復興国立公園の一部である種差海岸のPRを目的とした青森県八戸市の事業で、今年で3年目を迎えます。ベストシーズンの前にその魅力を知ってもらおうと、今回の企画が決まりました」と、広報担当者さん。

全国一の水揚げを誇る八戸産のイカ

期間中には、土地の食材を使ったメニューをランチとディナーに1品ずつ用意しているとか。写真は、ランチにいただくことができる「八戸産スルメイカとみどり野菜のジェノベーゼパスタ 田子にんにくのガーリックトースト添え」(1000円)。

こちらは種差海岸にある広大な天然の芝生を表した料理で、八戸産スルメイカと春野菜をジェノベーゼソースで和えたパスタと、青森県産の田子ニンニクを塗って焼き上げた「ブルゴーニュトースト」を組み合わせた一皿。野菜もボリュームもたっぷりなのが、嬉しいところ。

ディナー「八戸産の新鮮なスルメイカ」

ディナーのメニューは、芽キャベツ、チェリートマト、パプリカなどの色鮮やかな野菜をパルミジャーノチーズで合わせた「八戸産焼きスルメイカと春野菜のチーズリゾット パルメジャーノ飾り」(1300円)。八戸産の新鮮なスルメイカをまるごと1パイ使っているというから、贅沢!

「塩とコショウでグリルすることで、スルメイカの甘みを引き出しています。パルミジャーノチーズとイカの相性も抜群です」(同)

風景写真やウミネコのオブジェを眺めながら、青森県から届けられた春の味を堪能したら、旅に出かけたくなってしまうかも。

「TANESASHI CAFE(タネサシカフェ)」Shibuya City Lounge(シブヤシティラウンジ)

渋谷

電話:03-3780-1616

場所:東京都渋谷区宇田川町21-1-2F

開催期間:2016/2/1(月)~2/29(月)

営業時間:11:00~23:00

アクセス:JR線ほか「渋谷駅」より徒歩3分

メニュー例/ランチ:「八戸産焼きスルメイカと春野菜のチーズリゾット パルメジャーノ飾り」(1300円)

ディナー:「八戸産焼きスルメイカと春野菜のチーズリゾット パルメジャーノ飾り」(1300円)

出典:OZmall

スポンサードリンク
(Visited 64 times, 1 visits today)