青森での六魂祭に向け!青森ねぶた制作急ピッチ!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」青森へ進出!(2018年度内)
  2. 青森「大間のマグロに賭けた男たち 特別編」が初放送!@3月18日
  3. 弘前市「沢田ろうそくまつり」今年のテーマは「時代」@2019年2月19日 
  4. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  5. 青森・陸奥湾でトゲクリガニ漁が始まる!
  6. 青森駅の高速バス乗り場を解説。 コインロッカーやネットカフェ、温泉など周辺の便利スポットも
  7. 青森「コメダ珈琲店」=「名古屋式」で全国制覇=空白県の青森に2019年6月進出-コメダ発表!
  8. 【注目】凄い「さびない塗料」を弘前の会社と香川大と共同製造をスタート!
  9. 弘前市・沢田神明宮境内(旧相馬村)「沢田ろうそくまつり」2018開催!@3月2日
  10. 八戸市及びNEXCO東日本八戸管理事務所が進めてきた「八戸西スマートインターチェンジ」が3月23日(土)15時に開通する。

2016月25,26日に青森市で開かれる「東北六魂祭」に向け、同市安方の「青い海公園」で大型ねぶたの制作が急ピッチで進んでいる。

「ねぶたが持つエネルギーで復興を後押ししたい」と立田さん。完成したねぶたは、青森ねぶた祭(8月2~7日)にも出陣する。

まだ未完成ですが顔に色の命を吹き込めば雄大なねぶたたが誕生します。少し男前なのでは?

六魂祭ねぶた


スポンサードリンク

「東日本大震災からの早期復興」

出陣する3団体の一つ、青森青年会議所のねぶた小屋では、ねぶた師の立田龍宝さん(31)とスタッフ計8人が骨組みに和紙を貼り、色を付ける作業を同時並行で進めている。

選んだ題材は、蜀漢を建国した三国志の英雄・劉備が義弟の関羽の弔い合戦に向かう姿。2人の強い絆を描くことで、「東日本大震災からの早期復興」という六魂祭のテーマを表現したいという。

台車を含めたねぶたの大きさは幅9メートル、高さ5メートル、奥行き7メートル。6月18日の完成を目指している。

出典:Yomiuri Online


AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 74 times, 1 visits today)