青森での六魂祭に向け!青森ねぶた制作急ピッチ!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森「つがる市馬市まつり2018」開催!@8月24日~26日
  2. あおもり黒石「ふるさと元気まつり2019」花火大会開催:2019年8月17日
  3. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  4. 青森・平内町「ほたての祭典2018」開催!@9月16日
  5. つがる市馬市まつり2019開催:2019年8月23日~25日
  6. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!
  7. 東奥日報新町ビルNew’sが2019年4月1日オープン!
  8. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  9. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  10. ふるさと名物商品全品30%OFF情報!

2016月25,26日に青森市で開かれる「東北六魂祭」に向け、同市安方の「青い海公園」で大型ねぶたの制作が急ピッチで進んでいる。

「ねぶたが持つエネルギーで復興を後押ししたい」と立田さん。完成したねぶたは、青森ねぶた祭(8月2~7日)にも出陣する。

まだ未完成ですが顔に色の命を吹き込めば雄大なねぶたたが誕生します。少し男前なのでは?

六魂祭ねぶた


スポンサードリンク

「東日本大震災からの早期復興」

出陣する3団体の一つ、青森青年会議所のねぶた小屋では、ねぶた師の立田龍宝さん(31)とスタッフ計8人が骨組みに和紙を貼り、色を付ける作業を同時並行で進めている。

選んだ題材は、蜀漢を建国した三国志の英雄・劉備が義弟の関羽の弔い合戦に向かう姿。2人の強い絆を描くことで、「東日本大震災からの早期復興」という六魂祭のテーマを表現したいという。

台車を含めたねぶたの大きさは幅9メートル、高さ5メートル、奥行き7メートル。6月18日の完成を目指している。

出典:Yomiuri Online


AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 98 times, 1 visits today)