青森 2016「ミスねぶたコンテスト 」グランプリ に弘前出身・山口さんが輝いた!

ミスねぶたグランプリ2016

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 青森・北海道「イワシの大量漂着」相次ぐ 地元漁師「はじめて」なぜ!
  2. 「りんご娘」地方創生アイドル“襲名” 「青森県産リンゴ娘」!
  3. 青森・五所川原に初の本格「インドカレー専門店」が3月にオープンしました!
  4. 「青森・竜飛崎 」から北海道がくっきりと見える (2017年4月)
  5. 佐々木真央さんの歌声どうぞ!青森の歌姫!
  6. 白神山地の「世界自然遺産 青池」の青い色の謎がとけた!?
  7. 青森県「インバウンド」冬の八甲田山(樹氷)観光=誘客に「韓国・台湾」など照準にPR強化!
  8. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!
  9. 青森 新企画 名付けて「短命県体験ツアー」誕生秘話!
  10. SL青森―弘前を走る!蒸気機関車「SL銀河青函DC号」

青森の夏まつり「ねぶたの楽しさ伝えたい」ミスねぶたグランプリ2016!

青森ねぶた祭(8月2〜7日)に向けて「ミスねぶたコンテスト」(青森市など主催)が18日、同市安方の「ねぶたの家ワ・ラッセ」で開催された。

▼最高賞の「ミスねぶたグランプリ」に、東京都在住の会社員、山口知胡(ちこ)さん(24)=弘前市出身=が選ばれた。

ミスねぶたグランプリ2016


スポンサードリンク

グランプリの山口さんは「近年は青森ねぶた祭の参加者が少なく、県外ではそもそも祭りを知らないという人もいる。青森を訪れたいという人が増えるようアピールしていきたい」と抱負を語った。

ランプリに次ぐ「ミスねぶた」には弘前市の弘前大2年、赤坂理菜さん(19)と、青森市のフリーター、張山萌さん(23)が決まった。3人は祭り期間中にパレードを先導するほか、県内外のイベントで祭りをPRする。

コンテストには、昨年より23人多い49人が応募。書類審査を通過した10人がこの日の決勝審査に出場した。ハネト衣装で1分間、祭りの体験や自身の思いをPR。審査員の「海外でねぶた祭をどう伝えるか」「いまの祭りの問題点は」などの質問に緊張しながらも笑顔で答えていた。

出典:毎日新聞


いよいよ夏本番、東北六魂祭と青森ねぶた、そして花火大会、もうまじかですね!

AOMORI Online latest information

スポンサードリンク
(Visited 900 times, 1 visits today)