青森県の工芸品の販路開拓へ商談会開催!

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 日本を代表する夏祭り青森「ねぶた」とコラボ  椎名林檎
  2. 青森県産リンゴ の新品種「はつ恋ぐりん」限定販売!
  3. 「りんご娘」地方創生アイドル“襲名” 「青森県産リンゴ娘」!
  4. 「全日本タレ総選挙2017」の結果発表!第一位は青森の「スタミナ源タレ」に決定!
  5. 青森 2016「ミスねぶたコンテスト 」グランプリ に弘前出身・山口さんが輝いた!
  6. 青森の釣り・深浦沖で超高級魚「アカムツ=ノドグロ」を追う!
  7. 2018「南部地方えんぶり」開催!@2月10日~11日
  8. 「青森産美BODYガール」=北向珠夕の大収穫 ”りんごグラビア”!?
  9. 「大正天皇初等科時代の制服」弘前に現存していた。
  10. 弘前城雪燈籠まつり2020始まる

青森県の工芸品の販路開拓へ商談会開催!


スポンサードリンク

県内バイヤー向け工芸品展示商談会「FIND! AOMORI」を開催します! - 青森県庁ホームページ

この催しは、「津軽塗」や「こぎん刺し」など、青森県の伝統工芸品に新たなデザインを取り入れたり、既存の商品のPRを工夫したりすることで、販路の拡大につなげようと、青森県が県庁で開きました。
会場には、工芸品の職人や、工房と共同で商品開発を行うなどした卸売業者や、デザイン事務所など、5つの県内企業がブースを設け、百貨店や土産物店のバイヤーが参加しました。
企業の担当者たちは、使わなくなった布を細く裂いて織る「南部裂織」の名刺入れや、津軽塗が外側ではなく内側に施された皿など、新商品の説明を熱心に行っていました。
県内の百貨店の担当者は、「観光客は減っていますが、工芸品は贈答用として新たな需要が出ています。暮らしの中で使いやすいデザインの商品などがあると販売しやすいです」と話していました。
県地域産業課の西村知桂主事は、「青森県に根ざした企業の方々が、地元の商品を売り込む橋渡し役になってもらうことで、作り手の支援につなげたい」と話していました。

出典:NHK NEWS WEB

スポンサードリンク
(Visited 24 times, 1 visits today)