「幻の魚イトウ]食べに来て!in 青森・鰺ケ沢

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 「第30回青森安潟みなとまつり」開催@第1弾:2019年7月12日〜15日,第2弾:2019年7月19〜21日
  2. 国内初のベビー誕生/世界の希少種”黄金の馬”「アハルテケ」
  3. ピコ太郎も、倖田來未も、DA PUNPも!/a-nation/7月の青森公演!2019年7月20日
  4. 青森・南部町で「花火大会」「南部まつり」「南部サマーフェス」も同日開催!(8月11日)
  5. 「青森安潟みなとまつり」 7月17日から開催
  6. 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バスの旅)2017~時刻表
  7. タピオカスイーツ専門店が青森県初出店=五所川原市・エルムの街:2019年7月12日
  8. 南郷サマージャズフェスティバル2019開催:7月27日
  9. AOMORI 下風呂温泉郷「ゆかい村海鮮どんぶりまつり」花火大会開催:2019年7月27日
  10. 「みさわ七夕まつり」開催:2019年7月26日~28日

青森県鰺ケ沢町は、本州で絶滅したとされる「幻の魚」イトウの大規模養殖に取り組んでいる。

青森県鰺ケ沢町は「ぜひ食べに来て」と呼び掛けている!

青森県鰺ケ沢町で養殖されているイトウ▼

幻の魚イトウ、「食べに来て」とアピール 青森・鰺ケ沢で大規模養殖(2)


スポンサードリンク

採卵から食用の出荷まで手掛ける大規模な養殖は全国的に珍しい。味は脂身が多く「マグロのトロに似ている」と好評だ。県外出荷は限られ、町は「ぜひ食べに来て」と呼び掛けている。

青森県鰺ケ沢町のドライブインで提供しているイトウ丼▼新鮮そのものですね。

幻の魚イトウ、「食べに来て」とアピール 青森・鰺ケ沢で大規模養殖(1)

イトウはサケ科の大型淡水魚で、成魚は体長1メートル以上になる。かつては青森や岩手県にもいたが、環境悪化で姿を消した。今では北海道の一部の河川や湖でのみ確認され、道などは絶滅の恐れがあるとして漁獲自粛を求めている。

鰺ケ沢町は、1985年から世界自然遺産の白神山地を源流とする冷たい水を活用した養殖の試験を始めた。イトウは環境変化に敏感で、養殖場の水温が少し上昇しただけで全滅したことも。技術員の高橋和希さん(23)は「生態は謎が多く、日々手探り」と話す。

試行錯誤の末、年間約2000匹を安定的に出荷できるようになったのは数年前から。白神山地からの水は夏になると減るため、これ以上は出荷を増やせず、多くが町周辺で消費されるという。

出典:SANSPO


釣りきち三平でもよくでてくる幻のイトウは水のきれいな

冷たい清流にいますが北海道内にはまだ生息していると思

うが、釣りは規制されており現在は絶滅の恐れがあるとして

漁獲自粛を求めている。

やっぱ、鯵ヶ沢町に行って見て食べるのベストのようです。

このたびの鰺ケ沢町の努力の甲斐があって養殖に成功した

ことで地元まで足を運んでいただければ超新鮮なお刺身

など高級な味にめぐりあえるとおもう。

AOMORI Online latest information


スポンサードリンク
(Visited 126 times, 1 visits today)